stsc live log

STEREO SCAPEのレポ置場

2011年12月27日 JACK IN THE BOX 2011 - 日本武道館

2011/12/27(火)
MAVERICK DC GROUP PRESENTS
JACK IN THE BOX 2011
Powered by NEXUS AID
日本武道館
44MAGNUM / ムック / シド / ギルガメッシュ / TETSUYA / BUG / BeepSpree
MDC HISTORY SESSION / MDC SUPER ALL STARS


13:00open / 14:00start
8,500yen(MDC会員は500円引き)

主催:SOGO TOKYO
企画:MAVERICK DC GROUP
制作:com agent/little oasis
協力:NEXUS AID

◆◆◆

ここ数年客席は北まで開放していましたが今年は見切れ席を入れても北東・北西まで。
そこにお客さんは殆ど入ってませんでした。
そういえば今年はhydeさんが出るっていう告知がなかったですね。

座席メモ:南2階。見やすい。暑い。

14:00
◆◆ムック◆◆
Vo.逹瑯
G. ミヤ
B. YUKKE
Dr.SATOち

01. 路地裏 僕と君へ
02. 蘭鋳
03. アゲハ
04. フォーリングダウン
05. ファズ
06. 最終列車
07. ホリゾント
08. アルカディア
09. 名も無き夢
10. ニルヴァーナ

新旧織りまぜた理想的なセットリストでした。
基本的にワンマンに行かないので懐かしい曲がいっぱい聴けて嬉しかったです。
ホリゾントは何故かうるっときましたね。キー下げてたような気がしたけど。
曲が出た当時の事を思い出してたんですけど天嘉-伍-では演奏してなかった。
ライブで聴いたことなかったっけかなぁ?

そういえば最近ムックロゴのバックドロップ使わないですね。
フルカラーレーザーの演出も綺麗だったんですけど
ピンスポの周りにうっすら見えてた虹色の照明が可愛くて気になった。

MCは持ち時間いっぱいある、ギルガメッシュもっと頑張れ
こんな事言ってると俺らより持ち時間少ない大御所に怒られそうだからとっととやろう、みたいな事を言ってた。


15:00
◆◆ギルガメッシュ◆◆
Vo.左迅
G. 弐
B. 愁
Dr.Яyo

01. 新曲
02. 新曲
03. 新曲
04. 新曲

最初に女性の声で影アナが流れる。
公演の注意事項と、ギルガメッシュのセットリストを発表しますという流れで
全て新曲をやると宣言。

12/25にニコニコ生放送で「13とクリスマス、たまにサディスティック。」という番組を
でんじゃーくるーチャンネルhttp://ch.nicovideo.jp/channel/dangercrueが配信していたんですが
これはギルガメッシュが変名バンドでシークレット出演したイベントの映像配信でした。
そこで新曲を披露していたんですが多分その時と同じ曲をやったんだと思います。

2曲目あたりで愁さんがコケてた。愁さんは演出だったというけれど(笑)、
床の機材を触ってしまったらしくスタッフが直しにきてた。
3曲目?の歌詞に「さっちゃん・しゅうちゃん・りょうちゃん〜」とメンバー名が出てくるのにびっくりしたのと
4曲目?のJITB 2011 SUMMERでできた「たたたたつろう!」というコールが入る曲が本当に披露されるとは。


15:30
◆◆BUG◆◆
Vo.kyo
G.ASAKI
B.TAKASHI
Dr.Takeshi

01. NEW WORLD
02. Gothic Romance
03. bugnoid
04. PROMISE

BUGは2008振りの出演ですか。
お久しぶりだったのでNEW WORLDやってくれて良かったです。
2曲目はBUGっぽくないというかD'ERLANGER?DIC?ぽいなーと思って聞いてました。
暫く見ない間にASAKIちゃんが(少し)落ち着いたなーと思いました(笑)


16:00
◆◆BeepSpree◆◆
Vo.ヒロ
G.シュンジ
G.テルヤ
B.コータ
Dr.ユウキ

01. Placebo
02. 希-nozomi-
03. farewell

『MAVERICK DC GROUP 天嘉降臨 2009 新人公募』で選ばれた4人で結成されたBeepSpree。
今時オーディションで選ばれたバンドって珍しいですよね。
それぞれの個性が文字通りぶつかってた感じでした。
こんなに広い舞台もそう経験がないでしょうしいつもと勝手が違ったのかもしれませんが。
JACK DANGERがTwitterでドラムをべた褒めしてた記憶がうっすらとあるんですけど
音のバランスが微妙だったなぁ。
かみてギターの人も上手いけど一人で突っ走ってる感じは否めない。


16:30〜
◆◆MDC HISTORY SESSION A◆◆
“DIE IN CRIES 1991-1995”
Vo.左迅 (ギルガメッシュ)
G.弐 (ギルガメッシュ)
B.TAKASHI (BUG)
Dr.Яyo (ギルガメッシュ)

01. WEEPING SONG / DIE IN CRIES

演奏中当時のDIE IN CRIESの映像が挟まれてました。
そういえば左迅の声ってダイイン向きかもしれないなぁ。


◆◆MDC HISTORY SESSION B◆◆

“REACTION 1983-1989”

Vo.kyo (BUG)
G.弐 (ギルガメッシュ)
B.YUKI (REACTION)
Dr.Яyo (ギルガメッシュ)

01. JOY RIDE / REACTION

セッションAと面子もあまり変わらないので機材の転換はほぼなし。

YUKIさんのmixiによれば3年前、JACK IN THE BOX 2008で
5期REACTIONのお披露目をする予定だったのが
ギターのYASUさんの急逝によって出演キャンセルとなった過去があり、
今回はYASUさんの追悼ライヴで着ていた衣装とその日を境に封印したモッキンバードを使用した、とのこと。
YUKIさんは着物羽織られてて格好良かったです。

kyoちゃんはTシャツに黒のボンデージパンツ。最後の方はTシャツ脱いでた。

このJOY RIDEという曲は私も聴いたことがあってたまたま音源も持ってました。
スピード感のある曲ですよね。聴いてると前のめり気味になる。


◆◆MDC HISTORY SESSION C◆◆
“D'ERLANGER 1983-1990 2007-”

Vo.逹瑯 (MUCC)
G.ミヤ (MUCC)
B.TAKASHI (BUG)
Dr.yukihiro (L'Arc〜en〜Ciel)

01. LA VIE EN ROSE / D'ERLANGER
02. LULLABY / D'ERLANGER

yukihiroさんがD'ERLANGERを叩いている。

D'ERLANGERが解散した頃yukihiroさんはZI:KILLを辞め、
代わりにD'ERLANGERのTETSUさんがZI:KILLに入った。
で、今yukihiroさんがD'ERLANGERを叩いている。
「俺がお前でお前が俺で」みたいな混乱状態(笑)

ミヤくんによればyukihiroさんから「ミヤくんと逹瑯くんが一緒にやってくれるならセッション出てもいいよ」
という話があって今回実現したとか。
キンちゃんは「yukihiroくんが誘ってくれて」と言ってましたしyukihiroさんが集めたメンバーなんですね。

私はとにかくyukihiroさんのドラムが見たかったのでパンダ目になるくらい双眼鏡を手放しませんでした。
タム回しを入れたり、ちゃんと自分のドラムを叩いてるな〜という印象でした。
ラヴィアンの最後で皆ドラム前に集まってたんですが
その時のyukihiroさんの満面の笑みが!可愛すぎて!

ララバイは逹瑯が「シャイなハートを掴まえて♪」をマイク客に向けて振ってきたので
応えたら見事に周りで言ってるの私だけでしたね。
でもTwitter上でそういう方何人か見かけましたので安心致しました!

yukihiroさんの衣装は15thラニバで着てたような襟ぐりの開いたニットだったかな。
多分同じものだと思う。


17:15
◆◆44 MAGNUM◆◆
Vo.PAUL
Vo.STEVIE
G.JIMMY
B.TOKI
Dr.JOE

01. SOULS
02. I JUST CAN’T TAKE ANYMORE
03. STREET ROCK’N ROLLER
04. IN THE END
05. Satsifaction

今回はベースに-dist- http://dist.syncl.jp/ のTOKIさんを迎えて出演。
STEVIEが紹介してたけどかなり若そうな青年(20代前半くらい?)で
武道館に立てる事に感動して当日起きて3秒で号泣したそう。
紹介されてる時も泣きそうな表情をしていた。
ブログ見たら武道館に対する熱い思いが書かれていた。
機材トラブルで明希ちゃんのベースを貸してもらったそう。

そして今回は大事な発表があり。
PAULさんが治療に専念するため大きな舞台からは身を引く決断をされました。
けれど小さな箱では歌うかもしれない、とおっしゃってたので
本当に歌う事が生き甲斐なんだなぁと思いました。

しかし代わりにSTEVIEがいるっていうのは本当に強みだよね、凄いなぁ。


◆18:00〜
ここで20分間休憩のアナウンス。
各バンドの昔の映像などが流れていました。
ラルクはGRAND CROSS TOURの映像でした。
隣のシドファンの方が「これ会場どこ?」「知らない」と話しててワーもうそんな昔の話なのか、と…。


18:20
◆◆TETSUYA◆◆
Vo.TETSUYA
G.室姫 深
G.中村 佳嗣
B.IKUO
Key.Toshiyuki Kishi
Dr.山崎 慶

01. EDEN
02. TIGHTROPE
03. 魔法の言葉
04. lonely girl
05. Roulette
06. Are you ready to ride?

パンクっぽいSEで登場。曲わからない。
TETSUYAさんはぴょんぴょんクルクルしながら登場。かわいい。
迷彩のジャケット。グレーのベスト。赤いサルエルパンツを赤いブーツにIN。
シアキスのうさぎさんみたいだった。シルエットが。

歌は…やはりちょっとブランクがあって、ツアー中とは違ってキツそうだったな。
セットリスト的には最初の2曲がクールな選曲だったので
初見のお客さんは少し戸惑っていたような。

TIIGHTROPEの後MC。
「こんばんは!少女時代です!…違うか(笑)」
「俺の悩み聞いてくれる?マイクが臭いねん!おしぼりで拭いたみたいな臭いする。感情込めたいのに臭いが気になって込められへん。オイニーがツイキーで」
タオルを手渡されて一生懸命拭いてましたが「あかん…」とスタッフに替えのマイクを要求。
「あー神経質だと思われる!違うんですよ。」
「皆クリスマス何してたん?そんなん聞くなって?」
取り替えている間、マイクなしで何か喋る振りをしたり。
そしてスタッフさんが新しいマイクを差し出す。
「ばっちりです!ありがとうございます」

RouletteではブレイクでTJBは一時停止の姿勢。
TETSUYAさんはジャンプしてそのまま床に倒れこむ。うつ伏せで寝転がると言ったほうがいいかな。
そのまましばらく動かなかったんですけど倒れた位置が転がし(お立ち台)の後ろだったので
カメラがお尻からしか撮れなくてずっと画面にTETSUYAさんの足が映っている状態でした。
結構長い間フリーズしてました。

Are you ready to ride?は相変わらず楽しい。
銀テープ出たのはこの曲だったかな。
BANANAMAN BROS.も登場したんですがまた振付が変わってた。
JITBなんてお二方めちゃくちゃ裏で忙しいだろうに大変ですね。

演奏後、「まったねー!よいお年を!」といってTETSUYAさん退場。
室姫さんは花道まで行ってピック投げたり挨拶してくれていたんですけどおかげで一人捌けそびれてました。

19:10
◆◆シド◆◆
Vo.マオ
G.Shinji
B.明希
Dr.ゆうや

01. 証言
02. Dear Tokyo
03. ワイフ
04. 日傘
05. いつか
06. 冬のベンチ
07. 歌姫
08. one way
09. Sympathy
10. 眩暈
11. 2月

一応アルバムはひと通り聴いてるんですけど全然馴染みのない曲ばかりで戸惑いました。
去年のJITBに出てないのが大きいかな。夏JITBも演奏してませんしね。
シングル曲が極端に少ないセットリストなんですよね。
ファンサービスなのでしょう。

マオくんがMCで「彼氏居る人〜?」と訊いてきて挙手のあまりの少なさに「何かごめん」と謝ってたのが印象的でした。あはははは…。

20:20
◆◆MDC HISTORY SESSION D◆◆
“L'Arc-en-Ciel 20th Anniversary Session #1”

Vo.逹瑯 (MUCC)
B.明希 (シド)
Dr.SATOち (MUCC)
Dr.ゆうや (シド)
G.シュンジ (BeepSpree)
G.テルヤ (BeepSpree)
B.コータ (BeepSpree)
Dr.ユウキ (BeepSpree)

01.REVELATION

逹瑯が昔get out from the shellやりたがってたんだっけ?
記憶が曖昧ですがこういう曲好きなんですね。
トリプルドラムなんかはこういうイベントならではって感じがしますね。

◆◆MDC HISTORY SESSION E◆◆
“L'Arc-en-Ciel 20th Anniversary Session #2”

Vo.マオ (シド)
???.ken (L'Arc〜en〜Ciel)
G.ミヤ (MUCC)
G.シュンジ (BeepSpree)
G.テルヤ (BeepSpree)
B.コータ (BeepSpree)
Dr.ユウキ (BeepSpree)

01.flower

楽器隊はずっとBeepSpreeが中心なのでほとんどセットチェンジもなくすぐ始まりました。
スクリーンのセッションメンバー発表でkenちゃんのパートは伏せられていたんですが
flowerのイントロが流れるやいなやブルースハープを取り出しマオのマイクで吹きだしました。
ということでkenちゃんのパートはHerp。
そして─flowes bloom in sunlight〜のコーラスもしてました。

勿論曲中暇なのであっちこっち行って客席に手を振っていました。
ミヤくんを花道に誘って一緒になってCO2を客席に噴射してた。
形状がライフル型だったのでL'Anniversary TOURの京セラ公演で使用したものと同じものだと思われる。
スキップしながら動きまわって、3回目のハープの出番で忘れそうになって慌ててた。

◆◆MDC HISTORY SESSION F◆◆
“L'Arc-en-Ciel 20th Anniversary Session #3”

Vo.hyde (L'Arc〜en〜Ciel)
G.Shinji (シド)
B.YUKKE (MUCC)
G.シュンジ (BeepSpree)
G.テルヤ (BeepSpree)
B.コータ (BeepSpree)
Dr.ユウキ (BeepSpree)

01.The Rain Leaves a Scar
02.Inner Core

hydeさんは穴だらけのトップスで髪は素のまま。
よくわからない動きでThe Rain〜を歌う。
なんていうんだろう、ランニングマンみたいなのをしながらグルグル回ってた。
あとから思えばこの日はなんかブレイクダンサーの血が騒いでいたんだろうか…(笑)
跳んだり回ったり走ったりうねうねしたり。

The Rain〜はまさか聴けるとは思わず嬉しかったですね。
heavenlyの中で1,2を争うくらい好きな曲。
一曲終わってMC。
「武道館ー!調子どう?クリスマスとかどうしてた?
(後ろを振り返って)ラルクじゃないじゃん!びっくりしたー。完コピやん。
リハ出なくてすみません…。
今日は古い曲歌いたい気分なんでー歌わせてくれよー!歌っちゃっていいかな!
歌わせろー!歌わせろー!」
でInner Coreへ。
Inner CoreはJITB2007でマオやSakuraが演奏してたので聴いた気になってたんですが
hydeさんが歌うのは久しぶりだったのね。
しゃがんだり両手で頭抱えたりしてて可愛かったです。

◆◆MAVERIC DC SUPER ALLSTARS◆◆

Vo.PAUL (44MAGNUM)
Vo.hyde (L'Arc〜en〜Ciel)
Vo.逹瑯 (MUCC)
Vo.マオ (シド)
Vo.左迅 (ギルガメッシュ)
Vo.ヒロ (BeepSpree)
G.ミヤ (MUCC)
G.Shinji (シド)
G.シュンジ (BeepSpree)
G.テルヤ (BeepSpree)
B.コータ (BeepSpree)
Dr.ユウキ (BeepSpree)

01.READY STEADY GO

引き続き演奏はBeepSpree。
hydeが「Are you ready?(×3) Are you xxx ready?」と煽って曲へ。
曲が始まってゾロゾロと出演者登場。
yukihiroさんは森永カフェラッテを手に舞台下手でぼーっとしてる。
kyoちゃんに促されて上手の花道へ。
そこでも突っ立ってるだけでしたが。
そこへhydeが来て一人ではしゃいでいる。
何故かyukihiroさんの目の前で突然ブレイクダンスの背中で回るやつ(ウィンドミル?)を始める。
しかも出来てない。ひっくり返った亀みたいでした。
それをただ見てるyukihiroさん。凄くシュールな画でした…。
hydeさんはその後何処かへ行ってしまった。

SATOちがyukihiroさんのところへ来てサインボールを渡す。
yukihiroさんはいつもの如く豪速球を客席に叩きつけてました。
この辺は「音楽と人」のSATOち牛乳にも書いてありましたがSATOち気を遣ってるんですね。
kenちゃんのいた下手の花道ではkenちゃんがさあ打て!とばかりに両手を広げCO2を浴びてました。

yukihiroさんは何かとタブルピースしてました。ドアラに影響されまくっていますね。
終わった後は手を挙げて帰っていかれた。
終演は21:20くらいだったかな?

ラルクメンバー皆本当に可愛くて可愛い可愛いばっかり言ってました。
結成20年、事務所イベント10年目でこんなに可愛い可愛いばっかり言ってるなんて思いませんでした。
そこはかとなく申し訳ない気持ちが。
それだけ皆リラックスしてるってことですかね。
来年も何かしらの宴があるといいなーと思います。
2011.12.27 Tuesday 00:00 | 天嘉+JACK IN THE BOX | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

2010年12月27日 JACK IN THE BOX 2010

2010/12/27(月)

MAVERICK DC GROUP PRESENTS Powered by NEXUS
JACK IN THE BOX 2010
日本武道館

MAVERICK SUPER SESSIONS / and more...

開場:13:00 / 開演 14:00

主催:SOGO TOKYO
企画:MAVERIC DC GROUP
制作:com agent / little oasis
協力:NEXUS

¥8,500(MAVERICK会員は500円引き)
続きを読む >>
2010.12.27 Monday 13:00 | 天嘉+JACK IN THE BOX | - | - | - | - |

2010年8月21日 JACK IN THE BOX 2010 SUMMER 幕張メッセ

2010/8/21(土)
幕張メッセ 国際展示場 4〜6ホール
MAVERICK DC GROUP PRESENTS Powered by NEXUS
JACK IN THE BOX 2010 SUMMER
開場 9:00 / 開演 11:00
主催:キョードー東京
企画:MAVERICK DC GROUP
制作:com agent / little oasis
協力:NEXUS
¥11,500(CLUB MAVERICK会員は¥500引きで¥11,000)
http://www.jack-itb.com
続きを読む >>
2010.08.21 Saturday 17:08 | 天嘉+JACK IN THE BOX | - | - | - | - |

2009年12月27日 JACK IN THE BOX 2009 日本武道館

2009/12/27(日)
MAVERIC DC GROUP PRESENTS
JACK IN THE BOX 2009
開場13:00/開演14:00
ゾロ/ギルガメッシュ/ムック/シド/Ken/TETSUYA/Creature Creature/MAVERIC DC SUPER ALLSTARS ...and more

主催:SOGO TOKYO
企画:MAVERICK DC GROUP
制作:com agent / little oasis
¥8,000
続きを読む >>
2009.12.27 Sunday 21:53 | 天嘉+JACK IN THE BOX | - | - | - | - |

2009年8月15日 JACK IN THE BOX 2009 SUMMER 幕張メッセ

【2009/08/15】
【JACK IN THE BOX 2009 SUMMER】
acid android / DEAD END / ギルガメッシュ / Ken / ムック / シド / tetsu / VAMPS / ゾロ / 44MAGNUM / BREAKERZ / cali≠gari / 筋肉少女帯 / 清春 / カラス / MAVERICK DC SUPER ALL STARS
【幕張メッセ国際展示場1〜3ホール】
【開場 11:00 / 開演 13:00】
主催 テレビ朝日/キョードー東京
続きを読む >>
2009.08.15 Saturday 21:32 | 天嘉+JACK IN THE BOX | - | - | - | - |

2008年12月27日 JACK IN THE BOX 2008 日本武道館

【2008/12/27(土)】
【44MUGNUM/BUG/Ken/tetsu/ムック/ギルガメッシュ/シド/ゾロ
MAVERICK DC SUPER ALLSTARS ...and more】
【日本武道館】
【14:00開場/15:00閉演】
続きを読む >>
2008.12.27 Saturday 00:00 | 天嘉+JACK IN THE BOX | - | - | - | - |

2007年12月26日 JACK IN THE BOX 2007 日本武道館

2007/12/26(水) 
日本武道館
OPEN 14:00 / START 15:00
出演:
acid android, 176BIZ, EARTHSHAKER, ギルガメッシュ, ムック, ROACH, シド,
MAVERICK DC SUPER ALL STARS, and more
http://www.maverick-dci.com/jackinthebox2007/index.html
続きを読む >>
2007.12.26 Wednesday 00:00 | 天嘉+JACK IN THE BOX | - | - | - | - |

2004年12月25日 天嘉-参-[DANGER III]

【2004/12/25】
【天嘉-参-[DANGER III]】
【SONS OE ALL PUSSYS/Velvet Spider/シド/BUG/ラヴィアンローズ/ムック/
acid android/TETSU69/BLAZE/P'UNK〜EN〜CIEL...and more】
【日本武道館】
【開演13:00/閉演14:30】


まずは会場の様子から。
一時頃到着したんですが、
武道館では見た事ないくらいの長蛇の列。
皆さん物販に並んでらっしゃるようです。
物販は11:30から(予定)でしたが
小耳に挟んだところ10時から並んで1時近くに買えた、
なんて方もいたようで、
これは窓口がバンド別だったのが原因のよう。

会場は360度ステージ。
天嘉で埋まっちゃうんですねー。(P'UNK出演が告知されていたため)
去年はガラガラだったのに。

私は一階どセンター、座ってもステージが見える
なかなかの席で見させていただきました。


【SONS OE ALL PUSSYS】


1. high!
2. Moving on
3. Paradise
4. Every Second, I'm In ROMANCE
5. GO!GO! S.O.A.P.(unpluged ver.)
6. GRACE (unpluged ver.)
7. high! (unpluged ver.)

レニー・ハート(PRIDE呼び込みのおばちゃん)の声が武道館に響き渡る。
「フロムジャーマニー、アイーーーン!!」
「さくぅるるるるらぁ!」と言った感じ。
kenちゃんはタンクトップに赤い革パン。
3人とも腕にビラビラしたものが付いてます。(オフィ参照)
鳥です。
MCは「メリークリ××ス!」と言う一言で始まり、次のMCでは、
「メリークリスマス!身体の真ん中にあるものって全部ひとつだって知ってた?
鼻、口、おへそ、×××、×××、…おしりの穴」
と言い終わるや否や次の曲へ。
それが言いたかっただけなのね。

4曲終わると、SAKURAとEINがアコギを手に、
kenちゃんはタンバリン持って上手に集まる。
下手にはマツケンサンバの格好をしたスタッフ三人。
アンプラグドバージョン3曲を披露。
ユルイGO!GO!S.O.A.P.のリズムに
マツケンダンサーズのこれまたユルイモンキーダンスが合わさる。
かなり可愛い光景である。
GRACEはkenちゃんの「しゃう」と言う脱力ボイスから始まり
途中までSAKURAが熱唱。
その間にもkenちゃんは「しゃう」と合いの手を入れてて可愛い。
それにしても名タンバリニストの演奏が聞けるとは。
kenちゃんのタンバリン好きです。
アンプラグドhigh!は一瞬で終わったような。
しきりに両腕を広げ鳥のポーズをとっていた。
そしてあっさりと帰ってしまいました。

ステージにはマツケン仕様のすーさんが登場。
手にはギター。これはもしやと思えば、
やはりギター侍。
お馴染のフレーズを弾きながら、
「私たちken・アイン・サクラ、3人合わせてS.O.A.P.です
今日は武道館2年目です、て、ゆーじゃない?
でもアンタたち、その前まではただの素人でしたから!残念!(チャラーン)
…でも拙者、今のネタに含まれている一人ですから!切腹!」

これについて後のDANGER RADIOですーさんは「斬るの(「○○斬り!」)を忘れた」と言ってました。

これでS.O.A.P.は終了。
全体通してもボーっとしてる間に終わってしまうような短さでした。
こんなに持ち時間短いと思いませんでした。

この日はセットチェンジにほとんど時間を取られることなく
スムーズに転換していました。
スタッフの皆様お疲れ様です。



【Velvet Spider】


1. Living On The Edge
2. LOVESHADOW
3. ア×ルセクション

ボーカルのAOIさんは不思議な人だ。
MCで「今日は皆にプレゼントがある」て言って
クリスマスカード?を取り出しカメラに向けると
「大きな声じゃ言えないけど」と前フリしてから「メリークリスマス」と囁いていた。
…何故大きな声で言えないのか謎だ。
謎な人だ。ここが武道館だから?



【シド】


1. 青
2. 紫陽花
3. 空の便箋、空への手紙

結構期待してました。
一曲目の青はアルバム版でも冒頭がアカペラのようですが(アルバム未聴)
武道館の大舞台でこれをやったボーカル・マオの度胸には感心。
好き嫌いはあると思いますが彼の歌唱力を全面に出していて
ライブの構成としていい演出だったと思います。
後はギターの人頑張れ。
個人的にはバーボン(「私は雨」)が聞きたかった。


【BUG】


1. UNDER THE SUN
2. CAN YOU FEEL ME?
3. NEW WORLD

デフォルトでビラビラしてるよ!kyoちゃんの衣装!
S.O.A.P.敵わないよ(笑)
毎年の事なんでいい加減慣れたいけどASAKIちゃんが元気よく動き
ベタなパンクファッション(この日はピンク×黒のボーダーニット)を着てるのを見ると涙が出る。
しかしBUGは来年も出るのかな?


【ラヴィアンローズ】


1. あぁ夢よ
2. バラ色の人生
3. 夢を見て

ステージに登場したかと思えばステージに横一列に並び、
4人で腕を振りながら熱唱。
いばらき恐るべし。
その後各自定位置に着き演奏が始まりましたが、
あっさり目のCOOL JOKEにジャパハリネット合わせた様な…
ボーカルさんの動きが妙。
青春、青春でした。
最後メンバー並んで手を繋いでジャンプしてましたが
やはりアレはLUNA SEAの影響ですか。
(元はLUNA SEAのコピーをやっていたらしい)


【ムック】

転換中のBGMがクリスマスソングで(おそらく彼らが選曲したもの)
All I Want for Christmas Is You(Mariah Carey)→departures(globe)→I Wish(L'Arc-en-Ciel)。
もちろん会場はラルヲタばかりなのでI Wishで大盛り上がり。
スタッフさんが気を利かせて音量あげてくれてました。

1. スイミン
2. 遺書
3. 暁闇
4. モノクロの景色
5. 大嫌い

で、ムックさんですが、
SATOちはスッピンのが男前なのになぁ…(笑)
なんかメンバー緊張してたみたいですね。
確かに弦隊は動きが固かったような…。
逹瑯は今年何回も職務質問に遭ったようで、
何故かと考えたところ気が付いた、と。
「僕はDANGER CRUEのアーティストだから
隠しても隠し切れないデンジャーな香りが出ているんだろう」と(笑)
すっかりDANGER CRUEに染まってますね、逹瑯さん。
「大嫌い」でボンボン火が上がってましたが
今回イベント通して特効にお金かかってますね。
ラヴィアンでも花火あったし。
日テレが出してくれたのかな?
去年はS.O.A.P.とか自腹だったし。


【acid android】


転換中は暗い(笑)イマジンが掛ってましたが
誰のとか詳しくないのでわかりません。
意外だったのでちょっとやられた。
(※後にA Perfect Circleによるカヴァーと判明)

1. relation
2. perpetual motion
3. untitled (it's a fine day)
4. ring the noise
5. enmity

以下限りなくテンションを落としてレポしようと思います。
(友人に口頭で説明したら"擬音ばっかで全然伝わって来ない"と言われた女)
acidが登場してyukihiroさんのシルエットが何かおかしい、と。
いつものカジュアルなyukihiro氏じゃないぞ、と。
最初コートでも着てるかと思ったんですが、照明付いた途端、歓声が。
nabeさん以外全員黒スーツ(やすおくんはノースリシャツだったが)。
yukihiro氏はヴィヴィアンのシャツ、膝丈のジャケットにネクタイ、革パン。
スーツ好きな私はそのあまりに素敵な姿に絶叫し、一曲目は聞いてません。
むせた。
武道館で死んでもいいと思った(笑)
REVELATIONのセルフカバー?untitledとなってましたが
REVELATIONがまた聞けて嬉しかったな。
メロと歌詞は別モノでしたが。「にゃう!」って言ってた(笑)
いやぁサービス良いですね。
個人的には武道館だという事を忘れるくらい良いステージでした。
興奮しすぎて気持ち悪くなってしまいました。


【TETSU69】


1. 冬の新曲 2004(Fresh(仮))
2. REVERSE
3. wonderful world
4. 蜃気楼
5. SCARECROW
6. 15 1/2フィフティーンハーフ

正直な話tetsu君に一番期待してたんですけど、
いやぁアイドルでしたねぇ。
GOD SAVE THE QUEENのガーゼロンTにボンパン。
こちらもコテコテパンクですが肩出てて可愛い。
失礼ながら去年はそんなに盛り上がった気はしなかったんですが
(いや私には充分だったんですが)
大歓声でした。こんな人気あったっけ?てくらいに。

登場は袖から走って来てペットボトル投下!早!(笑)
その後一曲目はずっとぴょんぴょん跳ねてました。
くっ、可愛いな…!
いやしかし黄色い声は絶えなかったなー。
MCは「メリークリ……スマス(笑)」とkenちゃんの発言を受けてのご挨拶。
「この後知ってる?社長のバンド。皆JACKって呼んであげて」
と仕切りに社長の宣伝。
蜃気楼の名場面と言えば
「え、そこ客に歌わすのかよ!」っていうマイク向け攻撃なんですが(笑)、
皆歌えてた!びっくりした!(笑)
15 1/2ではちょっと感動してしまいました。
去る時も社長の宣伝してた。


【BLAZE】


1. SARAH
2. GALACTIC STAR
3. SOME DAY ONE DAY
4. Fire

ちゃんと社長見ようと思ってたんですけど、
acidと69でぐったりしてしまって動くことすら出来ず。
因みにベースの人がJACKです。
シールド繋がってるのに右に行ってみたり左に行ってみたりするJACKが
なんか素人っぽくてイイ。
動きつけたかったんだろうけど*。
40過ぎたら皆あんな感じになるのかなぁ。

*後日談
すーさんがJCKから「ワイヤレスは(音の面で)絶対ダメだ。でも動きたいから長いシールドつけろ」
と言われたがすーさん曰く「十数メートルのシールドなんか付けたらワイヤレスと変わらない」
(DANGER RADIOにて言及)


【P'UNK〜EN〜CIEL】


1. milky way
2. Round and Round 2005 feat.P'UNK青木

バックのセットが1面ライトでピカピカしてたんですけど、
ユキパンクさんが冒頭でベースを投げた時
どうもユキパンクさんの後ろだけライトが強くて、
「嗚呼、五光が眩しい…」
とか馬鹿な事考えていたら演奏が止まってしまいました。
ユキパンクさんは袖に引っ込む。
テツパンクさんは「ゆっくりやろうかー」
みたいな事言って、
「じゃあkenちゃんに喋って貰おうかな」
とケンパンクさんにパス。
kenちゃんが「えー…まぁいいや」とか脱力発言してる間にユキパンクさん登場。
という事でmilky wayを演奏。
終わると座りこむユキパンクさん。
「じゃあ…メンバー紹介しようか」とテツパンクさんが言い出し
ケンパンクさん紹介。
「どうも、ケンパンクです。えーと…まいいや。」
ズッコケるテツパンク。
「申年も終わってしまって寂しいです(自分の干支が申だから)
動物占いはコアラなんですけどペガサス辺りが良かったです。
天使占いは僕は何だったか忘れちゃったんですけど
hydeがミカエル。」
場内からおおおぉぉぉ〜という声が漏れる。
大天使様ね。
ケンパンクに指差されたハイドパンクさんは
足をクロスして手を広げてお辞儀。
で、今度はユキパンクさんが紹介されるも、
ユキパンクは「次行って」のジェスチャー。
ここでテツパンクさんは大胆にも
「え〜。ユキパンクにもなんか一言聞きたいよねぇ〜?」
と言い、ユキパンク渋々マイクの前に。
「え〜今僕は機嫌が悪いです。
いつもは優秀なスタッフなんですけど…
クリスマスだと言うのに僕をいじめたいみたいです…
皆さんは僕の機嫌が悪くても気にしないでください。」
それを聞いたテツパンクはお得意の「ま〜まぁ。ま〜ま〜まぁ。ま〜ま〜まぁ。」
で苦笑い(笑)
その後ハイドパンクさんが紹介され、ハイドパンクさんは
「俺は機嫌がいいぜ〜。皆幸せ?
じゃあその幸せをユッキーにも分けてあげて」
ユキパンクさん一礼。ハイドパンクさんもお辞儀。
「次、俺!俺紹介して!俺自分で言うの?」という仕草のテツパンクさん。
これに反応してハイドパンクさんはマイク前まで来るが
肝心の名前が出て来ない(笑)
なんとか「テツパンク!」とコール。
テツパンクさんがわざとらしく「これで…メンバー4人、紹介したね」
とわざとらしく言うと同時に「ちょっと待ちなさいよー!」と声が掛る。
下手の踊り場よりせりあがりで青木嬢登場。
「誰か忘れてない!?」と言う青木嬢に
「あ、忘れてた(笑)」と返すテツパンク。
はいコント始まりました。
青木嬢が「私が来たからには、ユキパンクにも機嫌直して貰うわよ!!」
と言うとユキパンクさんより青木嬢へ投げキッスが。
以降はテレビで流れると思うので割愛。
ユキパンクさんは演奏中青木嬢から逃げるように下手に行ってしまって
そっちばっかり見てましたので青木嬢は「ハァァ!」みたいな奇声と
スクリーンに映ったテツパンクとスイングしてる姿しか確認できませんでした。
ごめんねパンク青木、OAはちゃんと見るから…

終わったらハイドパンクさんがエライ速さで帰って行った。
すぐにセットチェンジに入り、
観客のラルクコールの中yukihiroドラムセット登場。
去年は登場SEに知らぬ間にREVELATIONが使われていたので
今年もどうやら新曲らしいSEに聞き耳を立ててましたが全然覚えてません。
早くアルバム聞きたい!*

*今思うとAS ONEあたりだろうか。



【L'Arc〜en〜Ciel】


1. Killing Me

新しいアー写がモニターに一人ずつ映り、ヤケに凝った演出。
友人の予測では「テレビ用じゃない?」。
(大辞テンとか)言えてる*。
kenちゃん何故かコート着てたし。
tetsu君は上もボンデッジになってた。
ここまでくるともう私混乱してて目が回ってました。
だってyukihiroさんなんか一日の間に
ボーカル、ギター、ベース、ドラム全部やってるんすよ(笑)
もうどれが正解かわからない…。
その所為かhydeさん可愛かったんだけど、
イベントに於いては存在感薄かったな…。
客電全部付いてたんですが、私これ好きなんですよね(とても個人的)
ライブ終わりだー!盛り上がっとけー!って感じがして。
そんなこんなで実働15時間くらいの長い一日は終わったのでした。
お粗末。

*結局テレビ放送されてないよね?
2004.12.25 Saturday 00:00 | 天嘉+JACK IN THE BOX | - | - | - | - |

2002年12月29日 天嘉-DANGER-

2002/12/29(日)
DANGER CRUE PRESENTS
【天嘉-DANGER-】
CLUB CITTA' 川崎
22MAGNUM / BUG / SONS OF ALL PUSSYS / ムック / etc...

開場 17:00 / 開演 18:00

企画:DANGER CRUE.,INC.
制作:com agent
主催:バックステージプロジェクト

5,000yen(D別)

◆◆◆


天嘉と書いてDANGERと読む。
「てんか」「てんが」ではありません。
無敵と書いてEXTASYと読むよりは易いです。


川崎に三時過ぎ着。

ラチッタデラが出来たため前来た時と様相が違って
ちゃんと会場に着けるかちょっとビビった。

道路が石でボコボコで相当上げ底をしていた
チビの筆者は何度も転びそうになっていた…。
辺りを見回すとS.O.A.P.パーカを着た人が結構いた。
さすがに客の平均年齢が割りと高い。
会場前でわーきゃーすることなくどことなく落ち着いた雰囲気。
tetsu君のこないだのライブなんて
八年前の映像見て「私この頃七才!」って叫んでる人いたのになぁ。

整理番号はAの900番台で入場。
後ろの方でとりあえずkenちゃんサイド上手にスタンバイ。

開演

茂木ミユキ
01.HOPE

トップバッターは茂木ミユキ嬢。
曲はHOPE。デビュー曲『洪水』の原曲。
彼女実はちょっと気になってたので見れてラッキー。
一曲終わって退場。

ムック
01.君に幸あれ
02.大嫌い
03.スイミン
04.新曲
05.幸せの終着
06.前へ
07.絶望
08.オルゴォル〜狂人

デンジャーに移籍してから初ムック。2000年あたりはライブ行ってたんだけど…
すでにだいぶ遠いところにいた。
「前へ」と「オルゴール」しか曲わからなかった。
あとは全部同じに聞こえる。
ムックだけヤケにボリュームでかくてここですでに耳がイカレました。

BUG
01.FEVERNOVA
02.SO CRAZY
03.freak-out!
04.Stand up! Monkey!!
05.FIGHT YOUR SONG
06.NEW WORLD
07.あいのうた
08.SET ME FREE

BUGはアルバム視聴したぐらいで曲全然知らなかったけど
kyoちゃんは何歌ってもkyoちゃんだね。 さすがに盛り上げ方がうまい。
あんなに元気なASAKI見たのもはじめてだ。楽しそうだった。

SONS OF ALL PUSSYS
01.SOAP YEAH! YEAH! YEAH!
02.I Love You, I Need You, I Fuck You
03.GRACE
04.New Song
05.Every Second, I'm in ROMANCE
06.New Song
07.gimme A guitar
08.PRIVATE RELIGION

心構えができてなくて、
例の登場シーンはかなり焦ってました(いろんな意味で)
私にはあのシーンを的確かつ素敵に描写することが不可能なので割愛させていただく。
ただ出てきた言葉と言えば
「バカだーーッ!!」 しかなかった。うん。
肝心の内容だけれども何曲やったかすら覚えていない…
kenちゃんは灰色?のタンクトップにがっちり巻いたマフラー。ギブスのようだ…
アインがスーツ着ててモデルみたいだった(笑)
SAKURAはこれと言っていつも通り。黒染めが落ちかけて中途半端な髪の色だった。

初S.O.A.P.だったので全部初聴き。
最初の方は低め、というか腹から声出したボーカルで二曲くらい熱唱。
なんかこの時「この人は誰?ラルクのkenちゃんじゃない」と思った。
ホントなんかすごく距離を感じた…のですよ。
MCで「暑い!」と叫んでマフラーを外すken。
そらそうだ…
タンクトップには汗がびっしょり。
「学芸会みたいでしょ?」とか言ってて、
最初のうちは演奏的には特に問題ないなーと思ってたんだけど、
そのあと新曲とかやってkenちゃん歌詞忘れちゃってソデにいるスタッフと顔見合わしたり、
高いキーの曲になってちょっと音外したり声出てこなくなってきたりしてるのを見て
「あぁ、いるいる、文化祭でやけにギターだけ巧いバンド(笑)」と納得(超失礼)
それから記憶がとんでるなぁ。

S.O.A.P.終わった途端、場内はがらがらに。
さすがに私も疲れが限界に。
周りが開けたのでストレッチ。足がパンパン。

22 MAGNUM
01.FAR PLANET
02.I'm on FIRE
03.SEX LIES
04.THIS TIME
05.THE WILD BEAST
06.ANSWERS

どうしても二人都合がつかなくて22マグナムらしい。
それでバンドとして機能するんすね…さすが大御所。
この頃のPAULさんはまだふっくらしてらしたなぁ。

SESSIONS

SAKURA登場。
仕切りを任されたらしい。
ここから社長命令でセッション大会。
そしてkyoちゃんが出てきて二人で謎のマッタリトーク。
内容はよく覚えていない。
セッション一組目はVo.kyo G.ASAKI B.SEELA Dr.SAKURA。
曲は44 MAGNUMのNO STANDING STILL。

次がVo.kyo G.ken B.TAKASHI YUKKE Dr.SAKURA。
曲はREACTIONでLONESOME KNIGHT。
YUKKEが他の面子のとこに行って絡んでてかなり頑張ってた。
世にも奇妙なkenちゃんとゆっけが一緒にいる画。
人生何が起きるか分からないもんだ。

その次はムックでD'ERLANGERのLA VIE EN ROSE。
この時kyoちゃんとかが電車ごっこみたいな感じでステージを横切って行った。
イマイチ誰がいたか覚えてないんですけど。

忘年会最後の出し物はVo.SATOち G.ken B.SAKURA Dr.FURUTON コーラス.ムックで
「つっぱりHigh School Rock'n Roll 登校編」
ムックのドラムSATOちがボーリングのピンの被り物をして登場。
曲はじまる前にSAKURAとkenちゃんになんかアドバイスを受けてたんだけど
その姿がどーもヤンキーに脅されてるパシリ君みたいでおっかなかった。
コーラスのフレーズが『やっぱりSATOちはサイコー♪』になってて、
それがどうも頭の隅にこびり付いて
終演後もなかなか頭から離れなかった。
最後にSATOちは「社長ー!!」って絶叫してた。ザ★忘年会ここに極まり。

2002年、最後に見たライブの最後の曲がこれで良かったんだろうか。
自分的にかなり衝撃的なセッションだったので(選曲からして)
それまでの内容の記憶をSATOちに持ってかれた気がして
終ったあとはドッと疲れが出た。
事実S.O.A.P.の曲全然覚えてないし。
そんな記念すべき第1回目の天嘉でした。
2002.12.29 Sunday 14:28 | 天嘉+JACK IN THE BOX | - | - | - | - |