stsc live log

STEREO SCAPEのレポ置場

2012年2月23日 LE-CIEL会員限定ライヴ - 横浜アリーナ

2012年2月23日
L'Arc〜en〜Ciel
LE-CIEL会員限定ライヴ
横浜アリーナ

主催:LE-CIEL
企画:MAVERICK
制作:little oasis / com agent
後援:Ki/oon Records
協力:キョードー東京

開場/18:00 開演/19:00
9000yen


01.いばらの涙
02.GOOD LUCK MY WAY
03.Caress of Venus
-MC-
04.shade of season
05.DRINK IT DOWN
06.REVELATION
-CM-
07.叙情詩
-MC-
08.未来世界
09.X X X
10.DAYBREAK'S BELL
11.MY HEART DRAWS A DREAM
-MC-
12.Link
13.Pretty girl
14.STAY AWAY
15.READY STEADY GO

16.瞳の住人
17.CHASE
18.New World
19.Blurry Eyes
-MC-
20.虹



◆◆◆

座席メモ:センターC2ブロックのドセン。
ステージは人の隙間から見えるが、tetsuyaさんが見えにくい。
一番見たい手元はあんまり見えない。
PA卓前なので音の面では特等席。

PAか照明卓に千葉ロッテマリーンズのリーンちゃんのぬいぐるみがおいてあった。
中日(ドアラ)でも横浜(ホッシー)でもなく、千葉。

客入れBGMは"X X X"と"BLESS"のストリングストラック。リズムトラックも入ってた。
開演前は舞台に黒い幕が貼られてた。

10分程度の押しで開演。
幕は暗転してすぐ落とされてた。
今回のセットはステージ一面スクリーンでした。全部固定。
両脇のメンバーを映すスクリーンもかなり大きかったな。

-オープニング-

OP映像は流れをちょっと忘れちゃったけど宇宙空間を蝶が飛んでいて、
STAR WARSに出てくるような基地に突入。
あー違う、hydeさんの事だからデス・スターだ(笑)
惑星の形は四角かったけど。
上下もわからず狭いトンネルを通過する演出もSTAR TOURSぽい。

そこを抜けるとゴミゴミした大都会が広がっていてビルをすり抜けていく。
これは多分ブレードランナーを意識して発注してると思う(笑)
ネオン街ぽい雰囲気はあんまりなかったけど。

コードに繋がれた4体の人型の何かが格納されていて、
その下には4人の名前が書いてある。
サイボーグかな。あ、NEXUS 4(アンドロイド)的な事かなきっと。
エイリアンぽい雰囲気もある。
yukihiroさんなんかは特にギーガーな感じのフォルムだったな。
グローブをしたhydeさんの手のアップ。
そしてコードに繋がれたhydeさん。
三つ編みのエクステが繋がれたコードとシンクロしてて良い。
目を開いたhydeさんがガラスにパンチ。
ガラスが砕けて暗転。
演出:ザ・hydeって感じですね。
hydeさんがよく口にするモチーフがたくさん。

初日はOP映像にWorld Tourのロゴが映ってたそうだけど今日はなし。
今回のライヴがワールドツアーのゲネプロなのはわかってるけど
ロゴあるとちょっと気になるかもね。


衣装
hyde - 全身真っ白。X X XのPVの様なイメージ。
白い襟ぐりの開いたノースリーブ?に渦巻模様の装飾が全体に入ったジャケット。
下はダボダボっとしている。左手だけ黒の手袋。
髪型はエクステ編みこみなんだけど襟足の方だけ自毛残してたような。
叙情詩の辺りでは白いハットも被っていた。

ken - 白いシャツに千鳥格子のベストの上に
黒光沢の肋骨飾りジャケット。右肩のみ肩章つき。
飾りは全部白。
アンコールまではサングラスしてた。
黒のパンツ。

tetsuya - 白シャツにゴールドと赤のベスト。素材はシルクシャンタンとかかな?
上からJITB2011で着ていた迷彩のジャケット。
アンコールはシルバーのベストと赤いドクロ柄ストール。
パンツはカーキ?茶色?でダボダボのカーゴパンツハンパ丈。サルエルなのかな。
ブーツもカーキぽかった。
髪は茶髪になってアシメもなくなってた。ナチュラルなセット。

yukihiro - 黒いロングスリーブ。下にキャミソールの紐みたいなものが見えてたけど詳細不明。
パンツは黒。
あ、衣装じゃないけどバスドラ黒になってましたね。

01.いばらの涙

いばらの涙なんだけどイントロはハイハットの刻みもギターのアルペジオもなく。
シーケンスにhydeさんの歌が乗って…
びっくりしてたのでどんなんだったか全然思い出せないんですけど(笑)
変わった始まり方でした。
hydeさんギターなしのハンドマイクだし。

久しぶりにやる曲でもただ演奏するだけじゃないっていうのが嬉しいですね。
このアレンジは誰が考えたのかな。やっぱり作曲者かな。

これからhydeさんはギター持つの減らして行くつもりなのかな。
HONEYやらなかったのもきっとギターセットするつもりないからだろうな。

yukihiroさんて10年前はこの曲必死で叩いていた印象があるんですが
この日は凄く余裕があるように見えたんですよね。
どちらのyukihiroさんも素敵だなあ。

映像は3D万華鏡風。

02.GOOD LUCK MY WAY

03.Caress of Venus


hydeさんがなんかサビ前に叫んでて聞き取れなくて
「横浜ー!」じゃないしなーと思ってたんですけど
どうやら「ルゥシエルー!」だったみたい。
何回聞いても「ロシアー!」に聞こえるんだよね。

-MC-
hyde
「(喘ぎ声っぽく)ハーハー、ああっハーハー…
L'Arc〜en〜Cielです。お元気ですかー?大丈夫ですかー?
LE-CIEL限定です。LE-CIELだけだよ(小声で)
LE-CIELだけっ。
ここであったことは内緒ですからねっ。

僕ファンクラブって入ったこと無いんですけど、皆LE-CIELなんやろ?
大好きやな。そんなに好きなん?(客:大好きー!)
聞こえない、なんて?(客:大好きー!)
(イヤモニ外しながら)え? (客:大好きー!)
照れるやんっ(ほっぺに手を当てる)

昨日もやったんですけどなんかあんまり盛り上がらないなーと思ってたら(客:えー)
一人一枚しか買えないんですね。隣、全然知らん人なんでしょ?そりゃ気まずいよね。
でも皆目的は一緒やから。暴れちゃってください。盛り上がってくれよー!

次は偶然なんですけど3曲続けてyukihiroさんの曲なんですね。
”盛り上がらないとケツからブチこむぞ!"って言ってたんでー。
大丈夫か!(客:大丈夫ー!)それどっちの大丈夫なん?(笑)
お尻からでも大丈夫ってこと?両方?
じゃあ両方という事でー…(yukihiroを見る、yukihiroこくりと頷く)
盛り上がってくれよ!
じゃあ…shade of season」

04.shade of season

なんか照明が明るくて気になったな。
もっと暗くていいかなーと。ちょっと気が散っちゃったんですよね。
後ろのスクリーンにはシーラカンスが泳いでいた。
シンプルだけど奥行きが感じられたし本当に水槽みたいで良かった。

05.DRINK IT DOWN

映像は前のツアーと同じ感じ。

06.REVELATION

-CM-

DEAD STOCK SELECTIONとして
またハートに火をつけろ!のマジックビーンズ(そこじゃなーい!編)と
Theater of KISSのHUG HUG シエルちゃん(メンバーイラスト編)が流れました。
その後BUTTERFLYのCMも。

07.叙情詩

hyde、味スタと同じ様に独唱。
その後うしろに下がり、ドラム台にフロント三人が座って演奏。
tetsuyaさんはZONを弾いてたけどZONにもポジションマークのライト付けてるんですね。

座ったままMCへ。

-MC-
hyde
「今日はLE-CIEL限定ってことでアットホームにやらせてもらってます。
(LE-CIEL最新号Vol.70を読んでる)これが噂のLE-CIEL…。
【”カッケー、このバンド!!”って場面が何度もありました。】(*tetsuyaのインタビュー見出し)」

tetsuyaさん照れ笑い。

hyde
「【ライヴに向けてのコンディション、モチベーションの持っていき方、
色んなことがちゃんとかみ合った。】(*yukihiroインタビュー見出し)…フフッ。
全然メンバーの事とか知らないんだけどこれ読むとわかるよね。
kenちゃんオーケストラの人とちゃんとコミュニケーションしてたんだーとか」

ken「(マイク無し)してたよ」

tetsuyaさんスタッフにマイクを要求。

hyde「これって皆今も写真チェックしてるの?」

ken「(マイク無し)してる」

hyde
「teっちゃんも?」

tetsuya「してるよ」

hyde「俺全然してない(客:えー)」

ken「(マイク無し)面倒くさいよね」

hyde
「もう面倒くさい。面倒くさい!ユッキーは?」

yukihiro首を横に振る。

hyde
「してないんだ。してない割には同じ様な構図の写真多いね(笑)」

yukihiro苦笑

hyde「すんません」

会報の写真もだと思うけど、主にライブ写真の事言ってるのかな?

hyde「あ、このパンツ、俺も買った」

tetsuya「どれ?ほんと?」

hyde「これと同じ奴…別のバージョンのやつかな?これ暖かくない?」

tetsuya「そうなん?」

hyde「なんか生地が厚くて…膝のとこにパット入れられるようになってるの」

tetsuya「それ撮影の時しか穿いてないから知らない」

hyde「バイク用で暖められるようになってる…(客:どれー?)後で家帰ってから23ページ見てください。"ニーサン"で覚えて。」

チラッと見せてくれましたがtetsuyaパーソナルインタビューのシルバーのパンツでした。

hyde「(高見さんのインタビューページ見てる)
【ラルク アン シエルをやったことによって、スタイリングの幅が広がった。】
…イケメンスタイリストがなんか言ってますけど。
(15ページを見てkenに)野球ですか?」

ken「キャッチボール。」

hyde「キャッチボールか。カーブ投げれるんですか?」

ken「投げれる。こっち(利き手と逆方向)から投げるとシュート。」

hyde「あの落ちるやつ?」

ken「こっちがカーブ、こっちがシュート。」

hyde「右がカーブなんですか?どっちもカーブじゃないんや」

ken「左利きの投手が左から投げるとカーブで反対がシュート」

hyde「そうですよね。シュートって落ちるやつかと思った」

ken「それはフォーク(笑)こうやって(フォークの握り)投げる」

hyde「あーフォークみたいな形してるもんね。
あ、そうそうBUTTERFLY出たんですよね。ありがとうございます。
カエラちゃんのCM可愛いよね。俺あんな曲があるの知らんかった(客:えー!)
有名なの?(客:有名ー)」

tetsuya「俺はhydeが知らんかったっていう事にビックリしたよ!
打ち合わせでその企画が出た時にhydeが
”でも、カエラちゃんそんなの歌ってくれるかな〜?”とか言ってて”えー!”って。」

hyde「全然知らない。カエラちゃんそんなふざけたの歌ってくれるかな?って。
皆知ってるの?(客:知ってるー)またまたーかっこつけちゃってー。
知ってるふりしてるんちゃうの?かっこつけてるのは俺か。」

tetsuya「元の曲があってそのPV使うんだよーって言ったら”そうなのー?”とか言って」

hyde「そんなん知ってたらBUTTERFLYなんてタイトル付けへんよ(笑)
(客:歌ってー)…バタフライ♪バタフライ♪…はい。
俺あれよりディンガディンドン♪が好きなんですよね。」

この辺りでてつくんがkenちゃんにマイクを渡す。

ken「ディンガディンドン♪ あれディンガディンドンなの?リンガディンドン?」

hyde「知らないんじゃん(笑)」

ken「あれ聞き取りにくいじゃない(笑)」

hyde・ken「「リンガディンドン・リンガディンディンドン♪リンガディンドン・リンガディンディンドン♪」」

ken「そこしかわかんない」

hyde「ドーレミファミーレド?そんな感じやんね。 
じゃあ…ここで皆さんに質問があります。(客:なにー?)あ、君らじゃなくて。
ここで訊いても何万人がいっぺんに喋ってくるだけなんで。
”タイムマシーンがあったらどこに行きたいですか?”
(大山ドラえもんの声で)タイムマシーーン!一回だけ乗せてあげるーー。」

ken「一回だけ?僕は猿が立った瞬間を見てみたいですね!あっ立ってもうた!わあ!っていう」

hyde「どっちの意味ですか?えー…2つ意味ありますよね?」

ken「(笑)そっちじゃない(笑)」

hyde「(古畑任三郎風に)kenさん。タツというのには◯◯するという意味と…
原始人が立つという意味がありますよね…」

ken「(古畑につられる)原始人の方ですー…。うー…下ネタ言ってもいい?」

hyde「いつも言ってるじゃない。親戚来てても言ってんじゃん」

ken「それhydeがMCで俺が下ネタ言うのヤダって(THE HYDEに)書いてるって聞いたんだけど」

hyde「それはなんか人から余計に聞きすぎですよ。読んだ方が早いよ」

ken「そうやって人から又聞きしすぎて全部読んだ気になっちゃうかも。 
あのね…
動物園のサル山でメスザルがガーッって思いっきり◯◯◯ーしてたんですよ(手振り付き)。
するんやー!と思って。目の前で俺の顔見ながら。
もうなんか汁が飛んでくるんじゃないかと思いました。…言い過ぎましたね。
けどそっちじゃなくて立った時が見たいです。
”立ってしまった!”立ってしまったってなんかアレだけど…
あ!自由だ!ギター弾いてみようかな、とか。」

hyde「それが見たいんですね。はーい、kenさんでしたー。
(マイクをkenちゃんからてつくんに)teっちゃんは?」

tetsuya「タイムマシーンかー。どうしようかなー。過去?未来?」

hyde「どっちでもいいんじゃないですか。(ドラえもん声)一回だけ乗せてあげるぅぅー。」

tetsuya「kenちゃんの後でしょー…」

hyde「大丈夫、大トリ (yukihiro) がいるから。」

tetsuya「未来見るのって怖くない?知りたくないよね。」

hyde「こわい。わかります。開けたら何もなかったりね」

tetsuya「なんか…髪薄かったりしたらいややん。えっ、違う?」

hyde「いやわかりますよ」

tetsuya「じゃあ、小学生くらいに戻ってちゃんと勉強しようかな」

hyde「えっ…今から勉強するんですか?」

tetsuya「だから小学生に戻って」

hyde「いやいやいや自分は戻れないんですよ、小学生にはなれないよ」

tetsuya「…あーそっかそっか。やり直せるわけじゃないんだ」

hyde「見るだけですよ。それは人生やり直し機〜〜〜(ドラえもん声)ですよ」

自分の間違いに気付いたてつくん凄く恥ずかしそう。

hyde「俺からしたらButterfly(を知らないこと)ぐらいの衝撃ですよ。
本当にラルク アン シエルのリーダーですか?」

tetsuya「(笑)あー見るだけね。大人になってからね」

hyde「大人っていうか今ですよ。今のままで。一回だけ乗せてあげるー。」

tetsuya「今ね。あーじゃあ、オトンとオカンの初デートの時とか。」

hyde「あーわかります。俺もちょっと見たい」

tetsuya「親父ちゃんと出来てるかな?
初めてレストランとか入ったときにちゃんとリード出来てるかな?って」

hyde「あーわかりますねーそれ。じゃあ、先生行ってみようか」

hyde、yukihiroにマイクを渡す。

yukihiro「僕はですね、最近聖徳太子が好きなので聖徳太子に会いに行きたいですね。聖徳太子って実際いなかったっていう説が…」

hyde「そういう話ありますね」

yukihiro「なんで確かめに行きたいですね」

hyde「…聖徳太子って10人の話が聞けるって…」

yukihiro「そう言われてたね」

hyde「それも気になるよね。一万円札の人だよね?」(戸惑う客席)

yukihiro「それは…昔ね(笑)」

hyde「ああ、昔の話ね。ごめんねー。
僕は江戸時代のちょんまげとか見てみたいですね。壮観じゃない?こうヅラが並んでる…」

ken「ヅラ!?(笑)」

hyde「あ、ヅラちゃうか、ちょんまげね(笑)
はーい、先生でしたー。
俺はね…自分で振っといて考えてなかったんだけど…
自分の子供時代を見に行きたいかなー。どんなに可愛かったことか!
会ってチューとかしたい。”おいでおいで”ってしてチューして逃げたい。

じゃあ…(次の曲の)用意してもらって…」

tetsuyaドラム台からピョンと降りてアップライト弾くスタンバイ。

hyde「今日知り合いに子供が産まれたんですよ。(客:おめでとうー)
だからその子に次の曲、一曲だけ捧げていいですか?(拍手)
じゃあ、Kちゃんに捧げます。未来世界」

08.未来世界

星空(宇宙)に空飛ぶ車とかUFOとかがグルグルまわってる映像だった。
メンバーを映してるスクリーンも星空のフレーム。
アップライト凄いね。低音響くなー。
音がいつもと違うだけで感激してました。
ラルクで聴ける日が来るとはね。
アップライト自体も明るいピンクなのかなあと思ってたら上品な色でした。
明るいとこで見たらどんな色なのかわからないけど。
そして一生懸命弾くtetsuyaさん素敵でした。
少しぎこちなさを感じるけど音取るのは自分で言ってたように上手いね。

初めてのアップライトに夢中になって他全く見てないわ…惜しい事をした…

09.X X X

そのまま聴いてたからかわからないけど
X X Xのベースも凄くローが利いててズンズンいってた。
映像はグルグル回ってたおもちゃの代わりにロウソクの炎みたいな明かりが丸く出ていた。

10.DAYBREAK'S BELL

炎が出てたのここかな。忘れてしまった。
映像は廃墟というか、荒れ果てた街。

この曲はアニメ主題歌なのでワールドツアーのセットリストに入選したんですよね。きっと。
「ガンダムからラルクを知った、一番好きな曲」
って言ってる外国人男性の映像を何処かで見ました。

私は「ワールドツアーに行くラルクとそれを待つ自分」
という方向に感情移入してしまってうわああってなってました(笑)
守りーたまえー(念念念)

11.MY HEART DRAWS A DREAM

大画面には大自然の映像が広がっていて、
ギターソロを弾くkenちゃんとその画面を映すことによって
プロジェクションマッピングのように…見えなくもない。

-MC-

ken
「楽しんでる?ハイディも言ってたけど今日知らない人が隣で
盛り上がれないかもしれないけどこっちから見ると一つになってるように見えるね。
隣の人の名前も知らんのやろ?血液型も(笑)グッズ何買ったかも。

昨日家帰ってからグッズを並べて。
グッズ今回も色々あるよね。マシュマロとか(笑)やっぱり触ってみるよね(笑)
いい具合にしてあるもんやなーと。
あとバナナチップス?よくアレを切り刻む勇気があったなーと(笑)
ドアラのチョコは箱に”ラルクって食べられるのかな?”とか書いてあって
いちいち可愛いよね。ある意味食べられますとか。」

参考:ドアラルク裏面


ken「(yukihiroに)ドアラには結局会えたん?
(yukihiro首を振る)会えなかったんだ。
で、サラミね。もうサラミ食べた人!おらんやん!(笑)」

肩落とすkenちゃん。皆買ったばっかり、もしくは売り切れで買えなかったんです。

ken「昨日家帰ってお腹空いてたからサラミを食べたんですよ。半分が限界でしたね。
ちゃんと皮剥いて…丸かぶりしたんですけど…
今日朝エライことになったんですよ!…下ネタなんだけどいい?
今日金縛りにあって。金縛りって耳鳴りするとかいうじゃない?
いつも俺無理矢理解いて起きるんだけど、幽霊とか全然見えないんだけど。
疲れてんだなーくらいにしか思わないんだけど、
今日は”誰かが俺の(下半身を)舐めてる〜!”って。
”誰かが俺のを舐めてる〜!!”ってなって。
結局何もなかったんだけど。サラミ食べたからこんな夢みたんや、って…
今日も一曲目から飛ばしすぎて金縛りにあいそうなんだけど…皆も食べたらいい夢見るよ!
そんな感じでここまでこれたのも皆さんのおかげです。
(唐突すぎて会場爆笑)
なんで笑うのー!?
20年やってるとサラミ作れるようになるんですよ!昔はサラミなんて作ったら怒られてた。
盛り上がってるー!
行くでー!リーンク!」

12.Link

Linkで銀テープだったかな?
kenちゃんドラム台に乗ってゆらゆら揺れてました。
顔を見合わせたkenちゃんとyukihiroさんの笑顔可愛い。

13.Pretty girl


ビビッドな水玉の映像がグルングルンしてて目が回りそうだった。

14.STAY AWAY


てつくんが下手でベースソロ中、
上手の方で寝転がったり開脚したりして注目を集めてしまうhydeさん。
ベースの方はなかなかハウらずキャビネットにこすりつけてた。

蛍光ピンクのトロン・レガシーみたいなダンサーがいっぱい踊ってる映像だった。

15.READY STEADY GO


ラストに蝶々がたくさん降ってきた。
ドラムソロはまあまあ長め。
本編終了。


16.瞳の住人


暗転してるところにメンバーはぬるっと登場。

映像は大きな地球。
最後は瞳の中に地球が。
そしてそのままCHASEの球体に変わる。

17.CHASE

18.New World


メンバーがスクリーンに4分割で映る。
この曲は久しぶりに聴けて嬉しい。

19.Blurry Eyes


ブレイクMC
tetsuya「わっしょいー!お元気ー? 皆お元気ー?
マァージィー??マジマジマージー??
皆楽しい〜?楽しんでる?俺らもむっちゃ楽しいー!ごぞーんじー?
…いやー、ワールドツアー行ってきますよ(客:行ってらっしゃーい)
逞しくなって帰ってくるから皆待っててなー!
続き聴きたいー?続き行くでー!Blurry Eyes!」

hyde水飲みながら歌ってた。
それこそ「変わらなーいー(グビグビ)予感はー続いているー(グビグビ)」みたいな(笑)
あんな姿はさすがに滅多に見ないな。
この日はhydeさんの声調子良くなかったっていう意見をよくみたんですけど
演奏に対してボーカルの音量はあんまり出てなかったかなぁ。
その辺は気になってたんですけど声の調子はよくわからなかった。
水飲んでたってことは結構きつかったのかな。

-MC-

hyde
「今日はやられちゃったっ。
いやー、君たちのパッションをもらってワールドツアー行ってきますよ。
20年やってたら海外にも待っててくれる人がいるようになったっていう。
こんなワールドツアーはなかなかラルクにしかできないんじゃないかと思います。
待っててくれる人がいるからには行きますよ!と。
昔からリーダーが言っててね。待ってる人のところに行こう、って。」

tetsuya「待っててくれてるんやったら、そりゃ行きますよ!とね」

hyde「待ってない人のところには行かへん、と」

tetsuya「そうとも言うね(笑)」

hyde「昔からそういうところは変わってなくてね。昔は県だったけどね」

ケン繋がりで?kenちゃんがスクリーンに映る。

hyde「あ、こっちのkenちゃん?(笑) じゃなくて。
今日はLE-CIELなんたらかんたらってことなんだけど…
次は…ここの近くなんでしょ?」

tetsuya「そうそう俺今日間違ってそっち行きそうになったもん」

hyde「あれ、僕ああいうのがあるって知らなかったんですよねー。」

tetsuya「ただの大きい建物だと思ってた?」

hyde「あっちが横浜アリーナと思ってたら違った。
ワールドツアー行ってくるけど、良い子で待っときやー。
ちょっとくらい浮気してもいいけどー。あ、君らLE-CIELやった。
絆は深いね。皆良い子良い子、良い子良い子(頭撫でる仕草)
大きくなって帰ってくるから待っててください。
じゃあ、最後に虹を聴いてください」

20.虹

演奏が終わってyukihiroさんは立ち上がって一礼して帰っていきました。
てつくんは最後の一つのバナナを久しぶりに剥いて食べて投げてました。
そして「みんな本当にありがとうー!」と言って帰って行きました。

行ってらっしゃい、ラルクさん。
もっともっと最強になって無事に帰ってきてください。
2012.02.23 Thursday 00:00 | 2012 WORLD TOUR 2012 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |