stsc live log

STEREO SCAPEのレポ置場

2015年9月22日 L'Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L'ArCASINO Day.2

L'Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L'ArCASINO
2015/09/22(火・祝)
会場:大阪・夢洲野外特設ステージ
主催 FM802
企画 MAVERICK / ミューベンツ・ジャパン
制作 little oasis / com agent
後援 Ki/oon Music
協力 MBS

開場 12:00(ホスピタリティエリア10:00)
開演 16:00
11,000yen


セットリスト
01.SEVENTH HEAVEN
02.Driver's High
03.Pretty girl

-MC-
04.Blurry Eyes
05.flower
06.and She Said
07.ROUTE 666

-MC-
08.HEAVEN'S DRIVE
サブステージ移動
09.Wind of Gold
10.It's the end
11.MY HEART DRAWS A DREAM

メインステージ移動
幕間
12.trick
13.REVELATION
14.CHASE
15.X X X
16.TRUST

-MC-
17.Wings Flap
18.Lies and Truth
19.Link
20.HONEY

-BASS solo-
21.STAY AWAY
22.READY STEADY GO

-MC-
23.Pieces
天気:
晴れ 30℃/19℃
風 北 2m/s
日の入り 17:56

視点:下手花道付近
セットの後ろにそびえ立つ舞洲のゴミ処理場の禍々しい塔が気になる

このレポの下書きを誤って一回消してしまったので
同じテンションでは書けないと思う。頑張る。

前日と比べて日差しが強く体感的にもかなり暑かった。
午前中はカーっと晴れていて、
GOOD LUCK MY WAYが似合いそうな空で聴きたいな〜と思っていたんだけど
始まる頃には雲が結構厚くなっていて、全然そんな気分じゃなかった。
結果としてやらなくてよかったと思う。

2日目はもうちょっと巻いて始まるかなと思ったんだけど
結局30分近く押した。
日没の調整の為には仕方ないのかも。

オープニング映像は前日と違うもの。
少し前日のダイジェストっぽいのがあって話の続きのような感じ。
W'ArCASINOに現れた4人はその金庫に侵入を試みる。
なにかしらハッキングの様なことをして電子ロックを解除するyukihiro。
駆けつけたギャングの手下らを美女を抱えたまま次々に倒していくken。
変装や身代わり爆弾ロボなどで相手を欺き翻弄するtetsuya。
そして目に映るものすべてを虜にし戦意喪失させるhyde。
金庫に辿り着いた4人は金を奪って逃走。L'ArCASINOへ向かう。

そしてメンバーが前日と同じように車に乗って登場。
今日も風でラル札が一方向に流されるので
下手側の通路でスタッフがゴミ袋に入ったラル札を歩きながら撒いていた。
風向き対策はかなり色んな場面でされていた。

衣装
hyde
柄on柄そして紅白線の入ったブラウス、柄もののタンクトップ。ブーツカットのジーンズ。眼帯に帽子。
ken
白の三つ揃い。基本的にジャケットは脱いでる。柄物のシャツ。ストール。
サングラス曇りまくっていた。
tetsuya
黄色のセーターに星柄のゆったりパーカー。ジーンズ。サングラス。
yukihiro
黒シャツ。黒ベスト(袖なしジャケット?)。バンダナ。

01.SEVENTH HEAVEN
hydeさん、声は前日より調子良さそう。
映像前日おかしかった所が直っていた。
前日気が付かなかったけどin a minute 31の後スロットが31秒カウントダウンしてたのね。

02.Driver's High
前日は多分なかったけど今日は去年と同じ様にCメロの「もう数えるくらいで〜」を歌わせていた。

03.Pretty girl
イントロでhydeさん映像の真似して後ろ向きでお尻ふりふり。
下手のせり出しに歌いながら進んで居たところ、1サビ最後で2サビに飛んでしまって崩れ落ちる。
そのまま暫く寝転んだままダンサーのお姉さん達の方向いて歌ってた。

-MC-
MCはライヴヴューイングや収録を意識してなのか全編に渡り殆ど同じ内容。
カンペあったのかな?覚えてたのかな?歌詞は覚えてないのに

hyde「ようこそL'ArCASINOへ!やっと日本にも合法カジノが上陸した!
君たちは最初のゲストだ!イエーイ!やったぜ!やったー!(客:やったー!)
道理で目がギラギラした奴らが多いと思った。
金か。金に目が眩んでるんやろ。
しかし、金ですべて買えると思うなよ!
金で買えるのは…金で買えるのは…!(客:ほとんどー!)ほとんどだ!
ほとんど買えるぜ!一攫千金!
ジャパニーズドリームを掴もうぜ夢洲!もし負けても怒んないでね。
もし負けても楽しんでってくれよー!Oh, Blurry Eyes!」

04.Blurry Eyes
ドラム、イントロで絡まった気がする。
前日風にさらわれてしまったバルーン、今日は風上から投入される。
珍しく結構自分の所に飛んで来たので対応してる間に曲がどんどん進んでしまってた。
近くに身動き取れないカメラクルーが結構いて気を遣ったり。
hydeさんは「振り向いた〜」を客に歌わせた後「よく知ってるね」と一言。
最後tetsuyaさんのところに寄って行ってワンマイクで歌ってた。
ファンサービスありがとうございます。

05.flower
「夢の中でさえもっ同じ事っ言うんっだっねっ」と
わざとふくれっ面で歌う姿が可愛い。

06.and She Said
イントロでJOKERが出てきてティンパニ叩いたりオルガン弾いたりしてるんだけど
そんなのお構いなしにhydeさんが”錬成”をし始めて。
前日のウェーブで思い出したのかな?
急にやるもんだから伝わったり伝わらなかったりした。
なかなか成功しないまま歌い出しへ…。
この日は発砲のタイミングを外したみたいであちゃーって顔してた。

07.ROUTE 666
なんかhydeさんの事ばかり書いてるけど基本的には双眼鏡でyukihiroさんを見ていた。
モニター全然写してくれないから…。スイッチングも激しいし。
最後ドラム前にメンバーが集まってバンドっぽい締めだった。
hydeさんはドラムに合わせて発砲。
ROUTE 666もっと聴きたいなぁ。

-MC-
ken「夢洲?どうなん?誰が夢洲?(客:???)
なんだっけ。”お金があればなんでもできる!”って言ったんだっけ?
昨日ライヴの後ムラムラムラムラして眠れんかった。
今もムラムラしてる。溜まったまんまです!
ボーイズは溜まってんの?ムラムラしてんの?何溜めてきたん?
ガールズも知ってるくせに〜。
ガールズは何ためてきたん?(客:お金ー!)
お金!(笑)まあカジノに来てるしな。ラル札も掴まなアカンしな。
それ…今後流通するらしいで。”ラル札高!”とか”ラル札乱高下!”とかあるかもしれない。
…こんなたくさん話すつもりじゃなかったのに!ええのんか!
溜めた汁を全部出すんか!水しぶき出すのんか!HEAVEN'S DRIVE!」

08.HEAVEN'S DRIVE
前方で見てるとLEDがビカビカして見づらい。この曲に限ったことじゃないけど。
…ああそうだカジノだから派手なのはしょうがないんだった。

サブステージ移動
yukihiroさんは深く座って目から上しか見えないか
ドアに首乗っけて生首状態になってるかどっちかでした。
kenちゃんは移動の度にジャケットを着て演奏する時は脱いでた。

MC
hyde「ただいま大阪。ただいま。よく来たね。
こんなところにラルヲタがよく集まった。すげー、すげーな。
それくらいの筋金入りのドエルが集まったということで。
それもそうなんですけどメンバーが集まったっていうのが一番凄いことだと思います。
よく目に焼き付けといてください。
じゃあ夕暮れが似合う曲を聴いてください。Wind of Gold」

09.Wind of Gold (Many Kind of Percussion Mix)
空模様は前日の方が明らかに良くて、やっぱりあれは奇跡的なものだったんだなと。
2日間晴れるのだってまあ何故か当たり前の様な気がしてるけど本当はそうではないし。
それでもまた聴けて良かった。
hydeさんはファーの付いた白いポンチョ?を羽織ってた。
日が落ちて旅の途中で車を停めて火起こして一休みしてる様なシーンを意識してるのかな。
ラルク初期からからかなりの回数4人で車乗ってますけど
そうやってずっと旅を続けているんですかね。
…なんか妄想が膨らんでしまった。そういう情景が浮かぶ演出っていいなぁ。

このアレンジなんとなくラテンっぽいんだけど、
近くの席にいたラテン系の方たちが本場のリズムで踊りだして。
なんかラルクって凄いなって思った(小並感)。

MC
hyde「あー気持ちいいね。次はもうちょっとノリの良い感じで懐かしい曲を
(タンバリン取り出す)ぶちかまそうと思います。あの、適当に踊ってください。」

10.It's the end
タンバリン出してきた所でうわーって思った。
なんかそれがまた色落ちした良い感じのタンバリンなんだ。
GRAND CROSSで聴いた時とは違う曲の様に感じていた。
座って歌ってるていうのも大きいけど大人の余裕や哀愁が増して
味が出てきたなと。
メンバーは久しぶりにやるから大変だったと思うけど。

MC
hyde「楽しいね。凄い楽しい。楽しい?」
オウム「タノシイ」
hyde「楽しいね。ユッキー楽しいですか。」
yukihiro頷く
hyde「ユッキーはね、楽しい時にしかターバン巻きませんから。
今日はかなりいってると思います。ユッキーいってるっと思う?」
オウム「イッテルトオモウヨ」
yukihiro喋る代わりにバスドラで「ドッドドッドドン」
hyde「teっちゃん楽しいすか。楽しいよね。」
tetsuya「(オウムの真似で)タノシイ!タノシイ!」
オウム「タノシイ!」
tetsuya「楽すぃ〜。楽すぃ〜。」
もうこの辺皆真似するから誰がオウム喋ってるのかよくわからなくなってた。
hyde「tetsuyaさんは楽しい時しか星の付いた服を着ませんから。」
tetsuya「ほんまや」
hyde「星の王子さまみたいですね。素敵です。
kenちゃん今日も気持ちいい?」
ken車のバンパーに腰を振る。
hyde「ああ、揺れてる…車が揺れてる」

hydeさんが喋ってる時にtetsuyaさんが画面に見切れるんですけど
遠慮してるのかしゃがんだり立ったりして結果的に目立ってた。
それはともかく、写りとかちゃんと見てるんだな〜って思って見てた。
hyde「いやーこんなとこまでこんなに人が来てくれるなんてL'Arc〜en〜Cielは幸せもんですね。
俺なら行かないですね。僕そんなに好きなアーティストっていないんですよ。
だから僕以上のものが(皆には)あるんだと感じます。
お前も感じるか?」
オウム「カンジルッ」
hyde「こいつめっちゃ便利(笑)便利だわー。
次はドエルの歌声が必要な曲なので。kenちゃんお願いします」

11.MY HEART DRAWS A DREAM
大分日が沈んで空が少しオレンジがかって。
kenちゃん昨日よりちょっとソロ長かったかな。
kenちゃんが弾く度にhydeさんが立ち上がって煽っていた。

なんか聴いてたら涙ボロボロ出てきて。
なんでだろう…やっとライヴに来た実感が湧いたのかな、遅い。

メインステージ移動
帰り道、kenちゃんはジグザグステップでJOKERを先導したり遊んだり。
tetsuyaさんは客席に満遍なくラル札やチップを投げる。

幕間
ウェーブで間延びしてしまうのをなんとかテンポよくしようと努力してるのは伝わった。

12.trick
前日メンバーがそれぞれどこに居るのかあんまり把握できてなかったので
トースターで登場するところ見逃した。
ステージ全体にかなり広がって立ってたんだね。
yukihiroさんが歌ってる時にkenちゃんとtetsuyaさんが向かい合って弾いてて
kenちゃんはそのまま下手に進んでtetsuyaさんのマイクで歌ってた。
yukihiroさんは激しくヘドバンしてたらしいんだけどもう目が足りない!キーッってなっていた。

13.REVELATION
一生懸命リハーサルしたんだろうなって思ったら少し優しい気持ちになれた。

14.CHASE
トンネルの映像目がまわりそうになる。

15.X X X
hydeさんの最後のポーズが決まった後横の外国の方がJe t'aime.とこぼしていた。
わかりやすくてとても良い。

16.TRUST

-MC-
hyde「Hi, Baby.さよならは言いたくないね。
久しぶりにこうやってライヴをやるんでなんとか今日までに夏らしいシングルを出したかったんですけど
ご覧の有様で。でもなんとか!今日になったとしても!
なんとか新曲を聴かせてあげられないものかと!L'Arc〜en〜Ciel頑張りました。
そしてらとってもいかした曲ができました。
…知ってた?…昨日から知ってた?マジかー。
タイトルとかもう…あちゃー。
じゃあ皆もう覚えてきた?覚えてきた人は一緒に歌ってください。
まだの人は聴いてください。Wings Flap」

17.Wings Flap
音源聴いたらkenちゃんどこ弾いてるの?って感じなんだけど
ちゃんと見るの忘れてしまった。

18.Lies and Truth
Liesは20周年ツアー振りかな?曖昧だけど。

19.Link
銀テープここだっけ?

20.HONEY
花火。Lies→Link→HONEYって不思議な曲順…

-BASS solo-
tetsuya「わっしょいー!わっしょいー!お元気?
夢洲お元気ー?大阪ー!
今日は映画館で見てる人も居るやんな。
映画館の人お元気ー?
ご存知ー?わっしょいー!」

21.STAY AWAY

hyde「夢洲ー!夢洲ー!夢洲ー!
いけんのかー!Are you fxxkin' ready?」
22.READY STEADY GO

-MC-
hyde「イエーイ夢洲ー。ドエル最高。L'ArCASINO楽しめたかな?
こんな所来たら一生忘れないよね。
これから”ゆめす”は…ゆめすじゃない(笑)
これ間違えるよな。何回間違えたことかっちゅーねん。
夢洲はこの後色々発展していくんでしょうね。
こんな建物があったなんて夢みたいな話になるんでしょうけど
もしかしたらその頃に全く同じ施設が建ってるかもしれないね。
こんな、”L'ArCASINO”が。そしたらまたここで会いたいね。
みんなこうやって遠いところまで来て、大変だったでしょう。
可愛い奴らだな。可愛いです。ありがとう。
最後にPiecesを聴いてください。」

23.Pieces
Piecesといえばミラーボールだけど今回はないので
照明とか映像で工夫してた。
銀河っぽい映像とかあったかな。
大サビで夢舞大橋がライトアップされた。
hydeさんとtetsuyaさんは目がうるうるしてたな。
最後の最後hydeさんが「私のすべてよ」と歌うものだから
頭が真っ白になり呆然としてしまった。
月日は遷ろいゆくものだなあ。

個人的にも先月祖母を亡くして、祖父母の事を考える時間も多かったので
色々思う所もあったけど、親戚だけじゃなくて関わった全ての人が自分を形成しているもんね。

それで「終わっちゃうなー」としんみりしていたら
ニッコニコしながらギター弾くkenちゃんが映ったので元気でた。

花火が上がったけどyukihiroさん帰っちゃうのでステージ見たら深々と一礼して去っていくところだった。
kenちゃんは手振って捌けていった。
tetsuyaさんはカメラマンに写真撮ってもらおうと花火と一緒にコロガシからジャンプして
そのまま着地失敗したらしい。見てなかった。
hydeさんは「また会おうぜ!」と言ってくれてなんかホッとした。
花火下手から上がっていたので凄く近かった。
規模はGXCの時とかと比べたらそんなに大きくないんだけど近くて音が凄くて迫力あった。
ちゃんと虹を意識してたしね。

この日tetsuyaさんははバナナたくさん投げて、
最後の一本という時に花道から分けて右と左で歓声が大きい方に投げる!と盛り上げたりして
結局最後にもう片方にもフルスイングで投げてくれて、終始優しかった。

tetsuya「ありがとう!まったねー!気ーつけて帰ってなー!」

終演後告知が全く無くてそれはびっくりした。シングルとWOWOWの告知くらいはすると思ってた。
それよりも退場優先したんだね。終電で帰れるかどうかの瀬戸際だったからなぁ。
と、グッと堪えてみたものの!次の約束してくれなかったの、やっぱり寂しい。
2015.09.22 Tuesday 16:00 | 2015 L'ArCASINO | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

2015年9月21日 L'Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L'ArCASINO Day.1

L'Arc〜en〜Ciel LIVE 2015 L'ArCASINO
2015/09/21(月・祝)
会場:大阪・夢洲野外特設ステージ
主催 FM802
企画 MAVERICK / ミューベンツ・ジャパン
制作 little oasis / com agent
後援 Ki/oon Music
協力 MBS

開場 12:00(ホスピタリティエリア10:00)
開演 16:00
11,000yen


セットリスト
01.SEVENTH HEAVEN
02.Link
03.Pretty girl

-MC-
04.Blurry Eyes
05.flower
06.and She Said
07.ROUTE 666

-MC-
08.HEAVEN'S DRIVE
サブステージ移動
09.Wind of Gold
10.ALONE EN LA VIDA
11.MY HEART DRAWS A DREAM

メインステージ移動
幕間
12.trick
13.REVELATION
14.CHASE
15.X X X
16.TRUST

-MC-
17.Wings Flap
18.Caress of Venus
19.Driver's High
20.HONEY

-BASS solo-
21.STAY AWAY
22.READY STEADY GO

-MC-
23.あなた


天気:
晴れ 28℃/19℃
風 北西 3m/s
日の入り 17:58

視点:上手後方

30分押し。
オープニングはアニメ映像。ディフォルメされたアメコミの様な絵柄。
「W'ArCASINO」という明らかに不正なカジノを荒らす客が現れる。
1人目はスロットを目にも留まらぬ速さで揃えていくyukihiro。
2人目は美女を侍らしながらルーレットを的中させるken。
3人目はクラップスのダイスをリモコンで操るtetsuya。
そして美貌だけで目に映る者全てを魅了しポーカーフェイスを破るhyde。
ワルカジノで荒稼ぎした4人は大金を車に積み夜の街に消える。
向かった先は――"NEW OPEN L'ArCASINO"

メインスクリーンに車の正面映像が映され、クラクションが鳴らされる。
余談だけどこの時メインスクリーンの中央が欠けていた。
1曲目が始まるまでには復旧した。良かった。

花道がステージ中央から客席の端のサブステージまで縦断していて、
どうやって使用するんだと思っていたが
その花道の先にリムジンが乗っていてゆっくりとステージに向かって直進してくる。
車の進行と共にラル札(ドル札とかけた架空の紙幣)が花道脇から噴水のように吹き出す。
車内が暗く見えにくいが勿論メンバーが乗っていて、
窓から手だけを出しラル札を更にばら撒く。
Driver's HighのMVといい、金を強奪しては道にばら撒くのが趣味らしい。
でもこの画が凄くいいんですよね〜。
私達がそれを必死で掴もうと手を伸ばすところとか目も当てられないんですけど
余裕と欲望の対比がファナティックでたまりませんね。
ステージに近づくと箱乗りでhydeさんが出てきた。
停車するとドアマンが居てVIP待遇で下車するメンバー。

衣装:
hyde
黒に銀装飾のエポーレット付ジャケット、白シャツ、ドル柄のシルクハット(トップから髪の毛出てる)、眼帯
ken
ヒョウ柄のロングジャケット(しっぽ付き)、その下は上下黒。帽子、サングラス
tetsuya
赤いファー付きパーカー、黒いインナー。切り替えのあるジーンズ。サングラス
yukihiro
白シャツに黒ベスト、腰回りダボッとした黒いパンツ、頭に大きめなバンダナ


hyde「Welcome to L'ArCASINO!」

01.SEVENTH HEAVEN
4小節目で特効。
遠目から見ると紙吹雪にしか見えなかったが金のチップ(紙製)だったようだ。
映像はスロットと4分割のメンバー映像を組み合わせたもの。
でもクロマキー処理がうまく行ってなくてちょっと違和感。
hydeさんは声がしゃがれ気味。お疲れ様です。
マイクにはTheater of KISSの時のようにステッキが付いていて、
最初は市松模様のスワロが付いたのを持っていたと思う。
マイクはステッキごとマイクスタンドに刺せるようになっていて色々工夫されていた。

02.Link
この位置のLink!いつもだいたいオーラス前に配置されるので
「終わっちゃうー!」って感じが強いんですけど
序盤に持ってくると寂しい気持ちにならずに聴けて新鮮。
詳しく覚えて無いけどtetsuyaさんの動きが可愛かった。

03.Pretty girl
イントロでhyde「C'mon Pretty girl !」
バニーガール風のダンサー達が登場。
kenちゃんはダンサーさんにヒップアタックしてた。
hydeさんは下手にいるtetsuyaさんのお尻にステッキでちょっかい出してたように見えた。
映像は"またハートに火をつけろ!"のものをアレンジしていた。
花札な歌詞だしカジノ向きですね。夢オチだけど。

MC
hyde「ようこそラルカジーノへ!やっと日本にも合法カジノが上陸した!
君たちは最初のゲストだ!いいなー!いいなー!道理でみんな目がギラギラしてる。
いやらしい目してるなー。いやらしい…あーんそんな目で見ないでっ。
あれか。みんな金か。金が欲しいのか。
しかし、なんでも金で買えると思うなよ!わかってんのか?
金で買えるのは…ほとんどだ!
ほとんど買えるぜ!ほとんど買えるぜ!
…何笑ってんの?もし負けても大丈夫だから。
負けても悲しくないイメージ作りを心がけてるんで。楽しもうぜ!
さあこの夢と欲望の街、夢洲で一攫千金狙おうぜ!
ジャパニーズドリームを掴もうぜ!
Blurry Eyes!」

04.Blurry Eyes
hydeさんの声マシになってきた。それ以降は気にならなくなったな。
Why do you〜の後のブレイクは短め。MCなし。
客席に光るバルーン、zygote ballっていうのかな?とダイス型のバルーンが投入。
丸いバルーンの方はオープニングのディフォルメキャラの絵が貼ってあった。
しかし風が上手に向かって強く流れるので全く客席に転がることなく殆ど飛ばされてしまって。
今まで野外であれやったことあったかな。

05.flower
hydeさんハープを大げさに息継ぎしながら吹いてた。

06.and She Said
L'ArCASINOのイメージってTheater of KISSとかもっと辿ればCarnival of Trueとかとかの雰囲気の延長線上にあると思うんですが、
この曲にはそういう禍々しくギラギラした感じがあってよく似合いますね。
イントロでJOKERの格好をしたダンサーがティンパニ叩いたりオルガン弾いたり。
その楽器の装飾がジャングルっぽい…蔓とか張ってる感じだったので「セカ◯ワっぽいな…」と思って見ていた。
hydeはステッキ持ち替えていて鉄砲の形をした火薬仕込み杖だった。
ラルカジノのhydeさんは目で殺せるのに随分物騒なもの持っているな。
何回かパンパン打ってたけど気が付いたのは最後の一発だったな。

07.ROUTE 666
わー!今のラルクで聴きたかった曲のうちの1つ!
15年振り!うわー。当時ライヴで観てyukihiroさんのドラムに惚れた曲。
今回ドラムセット大幅に変えてきたのであの時のような派手さはなかったけれど、やっぱり今のラルクだと格好良い!
666の所を煽るのにhydeさんが「ルート666だー!」とか指示してて面白かった。
夢洲、砂埃が舞って荒野っぽいので凄く合ってましたね…。ルート66もラスベガスの近くを通ってるし。

MC
ken「儲かってまっかー?ラル札拾えたん?(客:各々叫ぶ)…全員やな。(客:えー)
昨日ね、ギターの練習してたんですよ。
いつもHな事考えてるか、自分のことだけ考えながらしか弾かないんですけど。
みんなの為に弾いてみたらどうなるか試してたんですよ。ミスるわなそら。
すごい気が散る。なんでやろね。どっちが好き?
自分のためだけに弾いてHな事考えてるのと、みんなの事考えて間違えるのと。
ちょっとみんなの為に弾いてみようかなと思うんですけど。
みんなの為にミスってもいいって人拍手!Hなことだけ考えとけ、って人拍手!
どっち?わからん…。両方?
とりあえず次の曲はみんなの為に頑張ります。
えーのんか!濡れてんのか!いや多分乾いてるやろー。濡れてんのか!
次の曲!HEAVEN'S DRIVE!

08.HEAVEN'S DRIVE
GXCを思い出す。あの頃はHEAVEN'S DRIVEばっかり演奏してたので飽きていたな…。
hydeは車の後部座席にマイク立ててギター弾いていた。遠くから見るとわかりにくい。


HEAVEN'S DRIVE終わりでサブステージに移動。車のルーフが開いてオープンカーになってる。
サブステージに着くと車が回転して前を向く。
車もセットの一部として使用して、弦隊は箱馬置いて後部座席のドアに腰掛ける。
hydeの隣にフェイクのオウムが差し込まれる。
札束が付いたマイクスタンドも用意されてたけど使わなかったみたい。
ステージの四隅にはトーチ。
yukihiroさんは車の横にドラムセットを置いて凄く高いところにいる。
サブステージの様子が見えにくいので記憶がはっきりしない。

hyde「いやーよく来たね。こんなところまでよく集まった。ありがとう。
ラルヲタがよく集まった!でも一番はメンバーが揃ったところが一番驚くところではありますよね。
じゃあ懐かしい曲を一曲。kenちゃん始めて下さい。」

tetsuyaさんが画面に映った時にすかさず深いお辞儀をしていて印象深かった。

09.Wind of Gold (Many Kind of Percussion Mix)
もうやらないかなーと思っていた曲なのでびっくりした。
Mixの方のアレンジなのにも驚いた。
昔の曲は”yukihiroさん頑張って…!”ってつい手に力が入ってしまう。
赤くなり始めた空と風が何よりの演出で、赤い照明も焚いていたけど必要ないくらいの素晴らしい景色だった。
正直もう野外は勘弁して欲しいと思っていたけど、これを見せられてしまうと沈黙するしかない。
原曲も好きですけどこっちのMixは個人的に思い出深い1曲。噛み締めて聴いていました。

MC
hyde「もう一曲この夕暮れに合う曲をやらせてもらっていいですか。やらせて…やらせて…
ALONE EN LA VIDA」

10.ALONE EN LA VIDA
この時物凄く綺麗な夕焼けで、雲は輝いているしまさにマジックアワー、ゴールデンアワーといった空で。
(正確には日没していないけれど)
哀愁ただよう空に溜め息。
あまりステージも見えないんで、空見たりしていた。

MC
hyde「ちょうどいい…夕陽がね。みんなただいま。」
オウム「タダイマッ」
hyde「今の僕じゃないんです、オウムがね。
ここ…夢洲、本当に何もない。陽が落ちると一気に涼しくなるんで気をつけて下さい。
夢洲どころじゃなくなるから。地獄なんで。いやー、気持ちいいね」
オウム「キモチイイ」
hyde「僕じゃないですオウムです。tetsuyaさんどうですか気持ちいいですよね」
tetsuya「…気持ちいいですね。無茶振りやな!」
hyde「ユッキー気持ちいいですか。」
yukihiro立つ。口の横に手を添えて『気持ちいい』と口をパクパク。
hyde「相当気持ちいいみたいです。yukihiroさんは普段ターバンを巻かないんです。
ターバンで気持ちいいことを表現してます。気持ちいい時しか巻かないんで。
kenさん気持ちいいですか」
ken車の前で腰を振る
hyde「凄いですよね、その表現いつも。」
オウム「スゴスギッ」
hyde「見えない?逆光で。こっからはよく見えるんですけど。
俺しか見えない。言っていい?下品。」
ken更にアピール
hyde「次の曲行きにくくなるから。大丈夫?」
オウム「ムリッ」
hyde「無理って言ってるよ」
ken、hydeに駆け寄ってマイクに近づく
ken「頑張る(or頑張れ?)!」
花道に走りだすken。
hyde「じゃあもう1曲…え、kenちゃん何処まで…そこで大丈夫?
もう1曲みんなの力が必要な曲です。」

11.MY HEART DRAWS A DREAM
kenちゃんのいつもの長いギターソロはカットですぐ曲へ。
本当に…涼しくて気持ちよくて、幸せだった。
そういえば、our hearts draws a dreamはオンマイクで歌ってた。

ラルクの曲が好きな理由を再確認できた3曲だった。この瞬間は一生忘れないかもしれません。
大昔のhydeさんの言葉を借りるなら、窓の外の空と大地が触れ合うところに辿り着いた気がした。

サブステージ終了。徒歩で帰るメンバー。JOKERやバニーちゃん達とわちゃわちゃ移動。
チップやラル札を配りながら。
yukihiroさんは体力温存の為か途中まで車に乗っていた。
車を降りてからは口にラル札を咥えながらチップ飛ばしてた。たまらん。
メインステージに戻った後は日没待ちの休憩。
JOKER達が現れて花道にある巨大なスロットのレバーに気づく。
レバーを普通に引いても動かないので客席のウェーブのエネルギーがあれば引けるんじゃないかとひらめく。
花道から合図するからウェーブを起こして欲しい、というようなことを身振り手振りで伝えてきた。
空が暗くなるまでかなり時間があったので
何回もウェーブしてスロットを回す必要があってあんまり間が持たなかった。
やっとの事でスロットが当たって、t, r, i, c, k,の文字で止まるとエアバーストと共にメンバーが奈落から登場。
yukihiroさんが英語でまくし立てて曲がスタート。
全然聞き取れなかったんですけどKISS(バンド)のオマージュだそうで。

12.trick
メンバーは全員ギターを持っていて、登場の仕方といいこれもGRAND CROSS TOURっぽい。
歌う順番はtetsuya→yukihiro→ken→hyde。
tetsuyaさんは上着着替えていて、hydeさんは髪を降ろしていた。本当に昔のピート・バーンズみたい。
trickのオケが新しくなっていて格好良かった。今のyukihiroさんの気持ちいいリズムなんだろうなぁと。

13.REVELATION
hydeさんは花道でJOKERの神輿に担がれて歌い、tetsuyaさんとkenさんはマレットでティンパニを叩き、
yukihiroさんはフロアタム?×2をスティックで曲中ずっと叩いていた。
yukihiroさんのドラムには眼帯したコアラが2匹ダッコちゃんみたいに付いてた。
なんかこの辺りエンタメ感が強くてちょっと面白くなってしまった。
しかも画面には掛け声に合わせて"HEY!"って文字が出てきてへ、へい…?って拳を握る力が抜けた。
hydeさんは花道の途中まで神輿で行くとわざわざ降りて下りは胴上げされてステージに戻っていった…。
yukihiroさんは淡々と叩きtetsuyaさんは動きをつけて大きく見えるように叩き、kenちゃんは気まぐれ…
物凄くそれぞれの個性が出ていましたが、なんでこんなことになったのか…しばらく引きずった。

14.CHASE
セットの両端にあったオブジェが動いて後ろにあったLEDスクリーンが顔を出し一気にワイドな画面になる。
映像は摩天楼の夜景。
多分日没後のtrickかREVELATIONからだと思うけどLEDが巻き付いたステッキに持ち替えていた。


15.X X X
イントロはセクシーなスロット映像。
曲中は女性ダンサーが2人激しく踊る姿がシルエットで映されていた。
tetsuyaさんのコーラスが良かった。

16.TRUST
水中の映像。ジンベイザメが泳ぐ。どうしても土地柄『海遊館…かいくん…』と昔のネタが頭をかすめる。
TRUSTいい!ライヴ始まるまではメッセージ性の強い曲をやられるのに抵抗というか不安があったんですけど
あまり気にせずに聴けた。
AWAKE TOURと同じ様に「僕は生まれていいの?」って歌詞を変えていた。

MC
バックにSEが流れていて、次の曲の伏線なんですけど、BGMありで喋るのって不思議な感じ。
hyde「みんな楽しんでる?なんかちょっと遠くまで来てるし、
リゾート気分な感じ…そうでもない?
こうやってメンバーが揃うのはMステぶりぐらいなもんで…
出来れば夏までに夏っぽいシングルをリリースしてね、
ライヴの本番に挑みたいと思ってたんですけど
…ご覧のような…結果で。申し訳ないんですけどせめて!今日になったとしても
新曲を聴かせてあげられないものかと。L'Arc〜en〜Ciel頑張りました!
…(袖に)あ、まだ喋りたいんだけどいい?あードキドキした。
今耳の中でクリックが鳴ったんでビックリして。
しかも!席撒きチラシのQRコードで予約すると帰り道もうフルで聴けます。
すごいね。これで帰宅難民も怖くない!
みんな聴いてくれる?じゃあ、Wings Flap」

17.Wings Flap
歌詞も所々画面に表示されていた。
確かに夏っぽくてオメ●ト●イブみたいなシティ・ポップ。
一回聴いただけではなんとも言えなかったけど
何回か聞くとメロディが頭に残るなぁ。

18.Caress of Venus
イントロの雄叫びを久しぶりに聴いた。
確か15周年あたりからやらなくなってたまに気まぐれでやってたけどここ最近はめっきりだった。
なんかあれがないと物足りないんですよね。
銀テープ飛んだ。

19.Driver's High
イントロ前に車のエンジンがなかなかかからない。
4,5回やってやっとエンジンがかかったけどどういう反応していいか困る(笑)

20.HONEY
1サビ終わりで花火が上がる。

Bass Solo
ベース弾きながら煽る。
今までは別々にやっていた事をコンパクトにまとめた新しい技。
tetsuya「わっしょいー!わっしょいー!大阪お元気ー?
わっしょいー!ご存知?ご存知?」

21.STAY AWAY
女性ダンサーさん達はディーラーの衣装に着替えてた。かわいい。

hyde「夢洲ー!もっとでかい声出せー!Are You Fxxkin' Ready?」

22.READY STEADY GO
金色の”READY STEADY GO!”の文字が画面の上下にスクロールしてる。
つい誤字がないか探してしまう。
hydeさん、花道移動しすぎて戻れなくなる。

hyde「最後戻れなくなっちゃった…遠いよ〜」
yukihiroさんがドラム叩き始めてkenちゃんがそれに乗っかって即興の演奏でhydeがステージに戻るまで繋ぐ。
hyde「それ(演奏)走れって言ってる?」→走り始める→バテる→走る。
ステージ前方の階段に倒れこみ「みんなの声がないと立ち上がれない〜」
客席のhydeコールの後「立ち上がれた!」と言って立ち上がってゴール。

MC
hyde「みんな可愛いよ。可愛い。こんなとこまで来てくれて。
本当、みんなよっぽど好きなんやな。好きじゃなかったらこんなとここーへんよな。凄い。
さよならは言いたくないね。
こんなとこ…こんなとこってばっかり言ってるけどこんなとこ来たら一生忘れへんよな。
これからこの場所がどうなっていくのか僕はしらんけど、開発してくんでしょ?
きっと素敵な街になってみんな遊びに来ると思うんです。
そしたらその時友達とかに自慢して下さい。
”知らんやろけどここ更地やってん。伝説のライヴがあったんやぞ”って。
最後にまたみんなの声聞かせて下さい、あなた」

23.あなた
スクリーンに月が映る。更に夢舞大橋が虹色にライトアップされる。
舞台の裏から橋に向かって照明当ててたそうで。スケールがでかくて驚いた。
曲終わり、ステージが暗くなって花火が客席の左側から上がる。
メンバーと一緒に花火見て―花火終わってステージ向いたらkenちゃんとyukihiroさんすでにいなかった。
hydeさんは手を振って去る。
tetsuyaさんはバナナをたくさん投げて「ありがとう!まったねー!気を付けて帰ってね!」と気遣ってくれて退場。

終わったのは19:20くらい。
帰りのバスを待っていたら上空に流れ星が見えた。
何もないから気付いたんだろうなぁ。
2015.09.21 Monday 16:00 | 2015 L'ArCASINO | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |