stsc live log

STEREO SCAPEのレポ置場

2010年2月4日 睡蓮 「THE DAWN」 SHIBUYA O-WEST

2010/02/04(木)
睡蓮
「THE DAWN」
Shibuya O-WEST
open 18:00 / start 19:00
主催:SOGO TOKYO
企画・制作:Tape Worm Inc
¥6,000
D別¥500

01.未題
02.昼間
03.柘榴
04.鶏頭
(MC)
05.月に泣く
06.それはもはや沈黙として
07.浸透して

08.夕鶴会
09.葉蔭行進曲
10.根ノ音ニタユタヘ
11.左手

12.春の國
13.すきま
14.腐葉土
15.Magnolia
16.Spine

17.白露
18.Lotus

en.杳として

芍薬さんも麻輝さんも平井さんも白い衣装

最初のMCで男性客に「今日藤井さん喋りますかー?」と絡まれていた。
芍薬さんは冗談混じりに「喋りますよね?裏で原稿書いてました」と返すと
「僕も長野出身なんですー!」と男性客。
「長野の方結構いらっしゃるようで…あ、3人だけだった(笑)…では次の曲を」
とうまくかわしていらっしゃった。ホッとした…。

「左手」の後、麻輝さんがはけた。
それを機材トラブルだと思った芍薬さんが必死につなぐ。
「春の國の話をしたいと思います…次の曲が春の國だとバレてしまいました(笑)
この曲は大切な人を残して自分が先立ってしまった時、
こう思うのだろう、あるいは自分が大切な人に先立たれてしまった時の事を考えた時の歌なんですが…
どこまで話したらいいか考えているんですけど…それはまた後で、(mixi等に)詳しく書きます…
もうネタも尽きたので次にいきたいんですけど…」

「最近は殿方も増えてきて…最初のライブは3人でした殿方は。」

「曲終わった後にケロッと喋るのはどうかと思ってMCをあまりしなかったんですが、
最近はもっと喋った方がいいという意見を聞くようになって…
とはいえ、私はあまり喋らないのですが、最初はもちろん絶対喋らないで、と(麻輝さんに)言われてたんですが」

必死に喋ってる芍薬さんですが、実は麻輝さんはこの時誤って袖にはけてしまったのでした。

全曲終了後、拍手が起こり明転、ご挨拶でお三方再登場。

麻輝「(喋るのが)恒例になりつつありますが、
一つだけ言いたいことがあるので、
これからレコーディングに入ろうかと思って、皆の顔見なくて済むと思ってたんですが、
よく考えたら毎年5月にライブやってるな、と思って
リサーチの結果(Twitterでフォロワーに聞いてました)、土曜日。
鶯谷って知ってる?あ、地元?ほんと?会ったことないね。キネマ倶楽部という所でやります。5月8日。
丁度去年と同じなんですけど、あ、残念ながら満月じゃないんですけど、やります。」

「さっき僕はけなくていいところではけちゃって。間違いました。
あと皮の決まりが悪くて…これ男性はみんなしょうがないんですけど、(客:今直したら?)無理、(下着)穿いないから。
今日みんな白の服なんですけど、この人(芍薬)は白着たかったみたいなんですけど、(客:かわいー)僕は?(客:かわいー)
本当はいやなの、闇に溶け込めなくて。無垢をイメージしてみました。ごめんなさいごめんなさい…。

喋りたいわけじゃないんだけど、言うタイミング忘れちゃって…ああ、まあいいや帰ります(客:えー)
…”こんばんは、ガールズ・ネクスト・ヘルです”って言おうと思ってたんだけど。
これ、自分で凄いウケてて」

麻輝ワールド謎すぎる。

「あんまり盛り上がってないみたいだから帰るね?(客:えー)
本当に聞きたい?何が聞きたいの?
僕の好きな曲?えー?僕の好きな曲?まあいいやテキトーにやります。やるから物販買って帰ってね」

といって、アンコールへ。
今日もたくさん喋ってましたね…。
結局物販は終演後出てなかったと思う。

ちなみにBUCK-TICKさんとyukihiroさんからロビーにお花届いてました。

とにかく睡蓮のライブはみんな前に詰めたりしないので、開演間際に会場に入ると居場所がないんですよね。
なかなかたゆたえるいいポジションがとれない…
2010.02.04 Thursday 21:31 | その他 | - | - | - | - |