stsc live log

STEREO SCAPEのレポ置場

2010年1月28日 TETSUYA「PREMIUM NIGHT」 恵比寿リキッドルーム

2010/1/28(木)
TETSUYA
TETSUYA MOBILE 会員限定ライヴ『PREMIUM NIGHT』
LIQUIDROOM
開場18:00/開演19:00
主催:TETSUYA MOBILE
企画:GRAVIS
制作:com agent
制作協力:little oasis
運営協力:キョードー東京
¥6,900
D別¥500

01.Fresh(仮)
02.TIGHTROPE
03.蜃気楼
-MC-
04.wonderful world feat.MICRO

05.Pretender
06.empty tears
07.SCARECROW
08.There she goes (原曲:the LA'S)
-MC-
09.WHITE OUT
10.Can't stop believing
11.REVERSE
12.Lonely girl
-MC-
13.Time goes on

en.1 Fuararirari(原曲:室姫深)
en.2 Can't take my eyes off of you(原曲:Frankie Valli)

en.3 Roulette feat.MICRO
-MC-
en.4 15 1/2 ーフィフティーンハーフ-
◆◆

雨上がりの空でもんやりと浮かんだ朧月が印象的な夜でした。
久しぶりにLIQUIDROOM行った。そういえばラウンジを改装してから行ってなかったな。キレイになってた。
西川君、UVER、MICROなどからお花がきてた。

開演は15分押し。なかなかオンタイムに行かないもんだなぁ。


◆◆
衣装


羽根編みこんでカチューシャみたいになってた。
スカートがいつもより短めで目のやり場に困るNE

Freshの首フリは健在。かわいい。
TIGHTROPEのサビ歌わせるの久しぶりに来た!(知らせないで〜♪)
蜃気楼のアウトロのフェイクが3,4回あった。かっこよかった。
TETSUYAさんは本当に歌うまくなったよ〜。多分もっと上手くなれると思う。
発声だけ安定すればね。

MC1.
ジャケットを脱いでグラサンはしたまま

「イエーイ!TETSUYA PREMIUM NIGHT"厄年をぶっ飛ばせ!"へようこそ!
厄年です!厄年をぶっ飛ばせー!
本厄?前厄?岸君も厄年。よっしーも。メンバーの半分が厄年(笑)」

「(客の声を聞いて)…何?あ、見えた?
これな、今日派手なパンツ(下着)はいてきてん。計算(笑)
今日、見えるかな〜?メンバーの下がね、カラフルなんですよ。
戦隊モノみたいな。」

補足しますと、Ikuo君は赤、佳嗣さんは黄色、岸さんは金色?、
室姫君はライトブルー、神ちゃんは黒のボトムスでした。
上はエンブレム入りのブレザーをお揃いで。

「俺今日地味なんで。俺これ気付いててん、(パンツ)見えるなぁって。
だからカラフルなの穿いてきました!…しまったー、パンツ見られたかー(笑)
(客:見せてー!)見せるかっちゅーねん!じゃあ、次の曲行こか!…ちょっと待ってて…」

パンチラを隠すためジャケットを取りに行くTETSUYA。
上着着たのでブーイング起こる(笑)

「じゃあ夏にピッタリの曲聞いてもらおうかな。wonderful world」

wonderful worldのサビ前でMicro登場。
「I say "tetsu" you say "ya-!"」「tetsu!」「ya-!」「tetsu!」「ya-!」みたいなお仕事。

曲の後、Microと少ししゃべる。
TETSUYA「5分ぐらい繋いどいて」
Micro「えっ」と言いつつ自己紹介。

この間にTETSUYAはバナナを食べ始める。何も食べてなかったそう。
M「こうやって違うジャンルでも1つになれる、音楽って素晴らしいですね!」

T「サングラスお揃い!誕生日にMicroからプレゼントして貰ったの」
M「TETSUYAさんは同じレコード会社の大先輩なので…」
T「俺高校生の頃HOME MADE家族聴いてたよ(TETSUYA氏最近お気に入りのジョーク)」
M「いくつなんですか!(笑)あ、(永遠の)17歳…(笑)」(客:イエーイ!)
T「Micro君でしたー!」

Microがはけた後サングラスをとる。

◆◆

There she goesではタンバリンを片手に。心地良い歌でした。
てつくんニコニコ。岸さんはじめメンバーもニコニコ。

佳嗣さんはいつものようにゆらゆらり。
Ikuoくんは体調悪かったみたいですね。でもベースがグイグイ前に出てて凄かった!
このバンド、今凄くバランスがいい。
ベースが凄く強いんだけど、肝心な時にはキレイにギターが響いてきて、
凄くいいオケなんです。
贅沢だわ〜

岸さんの新しいキーボードスタンド赤くてフューチャーですてき!

MC2.

「最初の3曲飛ばしすぎた…初ワンマンなんで、
ソロ始めてから10年くらい経つんですけどやっと初ワンマンです!ありがとう!
いつもJACK IN THE BOXしか出てなかったんで…演奏時間もこんなに長くやったことないんで…ここからはまったり行こう」

「言うても僕らレパートリー少ないんで(笑)
今日も徹夜でやっちゃう!?みたいな!?
ここはリキッドルームだけど…ドッキリルーム(笑)」

「じゃあ次の曲聴いてください WHITE OUT」

◆◆

WHITE OUTからLonely girlまでは楽しくて記憶がとんでおります。キラキラピョンピョン!
Can't stop〜の時は水鉄砲いっぱいかけてました。
あと結構お立ち台に乗ってお客さんが見えるようにしてたな。近いなーてつくん。


MC3.(本編ラスト)
「最後に一曲聴いてもらいたいと思います」と言ってTime goes onを。
懐かしいな。tetsuくんらしい一曲ですが、
ソロでは今のところない感じの曲なのでこういう風にセットリストに入るのはいいなー、と思います。

アンコールはお客さんみんながんばってました。
最終的に何故か「TETSUYA!」「フー!」「TETSUYA!」「フー!」ってコールに変わってた(笑)
楽しい感じで良かったです。

◆◆

アンコール1.

全員エンブレムTシャツで登場。
TETSUYAだけトリコロールな配色のラインストーン付き。

T「次の曲は…今日急遽、僕が変えました。今日3回くらいしか練習してない。
ゆーても曲少ないんで。メンバーもドッキリルーム(笑)」

曲は室姫先生のソロ曲Fararirari。
岸さんの日記にはこの日初演奏の新曲をやる予定だったと書いてあったんですが、それをカットしたのかな?
真相は不明ですが…

君の瞳に恋してる、も楽し可愛しでした。
もうタイトルからしててつくんにピッタリよね(笑)

◆◆

アンコール2.

みんなアンコール2まであると思ってなかったのと
少し疲れが出てきてアンコールの声が小さめに(笑)
そして暗転。Microくんが再び一緒に登場。

T「Microくんが来たと言うことは!?次の曲何やるのかな?」
M「今言われて出てきたんですけどリハーサルもしてないです」
T「じゃあ5分くらいトークしといて」
再び困らせようとするTETSUYA。

T「今日は収録があったんだよね?」
M「今日はMUSIC FIGHTERの収録でした」
T「本当はこの間のオールナイトも来てくれる予定だったんだけど、
レコーディングが押しちゃって」
M「朝までレコーディングでした」

M「ライブやりながらバナナ食べる人初めて見ました」
T「ただのバナナじゃないねん。ムキンポくん(シールを見せる)」
M「欲しい人ー?」
TETSUYAバナナ投げる。Microも投げる。

Microの煽りからRouletteへ。

◆◆

ラストMC

「みんな元気ー!?俺元気やで、バナナ食べたからなー」

「今日はモバイル会員限定ライブということで…みんなモバイル会員?
2年くらい更新してない時期もあって…『どうなってんの?』って。
ブログ…じゃなくて日記もずっと更新してない時期もあったのに、
みんな待っててくれてありがとう!幸せです。
今日お客さん最前しか入ってなかったらどうしようかと思った。

今日ねー、今発表できることは何もない!
リリースもライブの予定もなーーんもない!何もないんですけど…
何か発表できるように…今年はがんばりたいと思います。
なかなか集まれないんですけどね(後ろ振り返る)

次やる時は来てくれる?まじでー?ありがとう!
じゃあ最後の曲聴いてください、15 1/2」

この日の15 1/2はなんていうのかな、
これからもこの歌を歌っていくっていう覚悟が見えた感じだったかな。
でも私はまだ、これを書いている今は、
どうしてもこの歌詞のように「振り向きたくない」「明日を描く」ことはできずにいます。
15 1/2の想いは理想なんだけど。
いつか、そう思えるといいな。

最後はTETSUYAはしばらく起きあがらなくて、メンバーが笑ってた。
シメはメンバー全員手を繋いでご挨拶。
客出しBGMというかエンディングはカノンが流れてました。

本当にTETSUYAさんありがとう。
無理してスケジュールを変更してくれたメンバーもありがとう。

これからもよろしくね。
2010.01.28 Thursday 22:24 | TETSUYA/TETSU69 | - | - | - | - |