stsc live log

STEREO SCAPEのレポ置場

2010年12月27日 JACK IN THE BOX 2010

2010/12/27(月)

MAVERICK DC GROUP PRESENTS Powered by NEXUS
JACK IN THE BOX 2010
日本武道館

MAVERICK SUPER SESSIONS / and more...

開場:13:00 / 開演 14:00

主催:SOGO TOKYO
企画:MAVERIC DC GROUP
制作:com agent / little oasis
協力:NEXUS

¥8,500(MAVERICK会員は500円引き)
今回はアリーナBの一番前で、とっても見やすかった。
上を見上げたらイベントのロゴ入りのバックドロップというか
幕がでーんとかかっているんですが、
だいぶしわしわで年期入ってきましたね。


13:30(時間は目安です)
オープニングアクト
◆◆Administrator◆◆
Vo.芥
G. 公佑
B. 卓也
Dr.龍

1.Promise
2.手招く太陽

直前にTwitterで
「開場時間中にオープニングアクトあるよー」
と告知があったんですが、
意外と振りができるお客さんが多くて、
知られてるんだな〜と思ってみてました。
1曲はどこかで聴いたことがあった。
お揃いの衣装着てる人たちを見るのは新鮮ですね。
MAVERICKはみんなバラバラですからねぇ。

そういえば、MAVERICKで5人組っていうのも珍しいですね。


14:10
暗転して、画面に
「JACK IN THE BOX 公式ソング完成」の文字。
これは逹瑯がパーソナリティをつとめる「JACK IN THE RADIO」にて
Paulさんがゲストで出演した際に
「サライみたいなテーマソングを作りたい」
と言っていたことが発端(だと思う)

いやー、実現するとは。
曲名は「永遠の街-THE "NOISE" CITY-」で
作詞:Paul 作曲:JIMMY 編曲:ken と紹介されてました。
曲に合わせて過去の映像を繋いだビデオが流されていました。
左迅、マオ、逹瑯、hyde、kyo、Paulがリレーでメインボーカルを取ってました
(抜けがあったらすみません)
ギタリストもそれぞれギターソロのパートがありました。
本当にチャリティっぽい応援ソングって感じですね。
チャリティでもなんでもないですが(笑)


14:15
◆◆SESSION A◆◆
Vo.PAUL(44MAGNUM) + 左迅(ギルガメッシュ)
G. マーティ・フリードマン
G. タイゾ(ゾロ)
B. 愁(ギルガメッシュ)
Dr.Sakura(creature creature)

1.Shout At The Devil (Motley Crue)
2.We R Rock'n'Roll Stars (Paulソロ)
3.In the End (44MAGNUM)

出た!マーティついに来た!
あ、いや、Paulさんもおっしゃってたように元メガデスの凄い人です、はい。
Shout At The Devil以外はPaulさんのソロ曲だったので実質Paulソロバンドって感じかな。
We R Rock'n'Roll StarsはSakura指導の下かけ声を練習してから入りました。

マーティの早弾きはお茶の子さいさいって感じなんですが、
メタルツインギターということでタイゾくんも早弾き披露してて
ゾロでは見れない一面を見ることが出来て感心してました。


14:45
◆◆SESSION B◆◆

Vo.ken(L'Arc〜en〜Ciel) & SATOち(ムック)
G. Shinji(シド)
B. YUKKE(ムック)
Dr.Яyo(ギルガメッシュ)

1.Lies and Truth
2.winter fall

なんかおかしいのが出てきましたよ。
色々突っ込みたいけれどやはり一番は光GENJI風衣装のSATOち。
袖切りGジャン+短パン、ピンクのシャツにハチマキ…

Lies and Truthは歌いだしをYUKKEが担当。
キーが高いので途中からオクターブ下げて笑いをとりツカミは万全。
その後kenちゃんとSATOちが歌い出したんですが、
SATOちは無駄に良い声だな。
kenちゃんがしきりに後ろ向いてお尻フリフリしてて、
その度にジャケットのスワロがキラキラして可愛かったんですが、
どうやらあれはKARAのヒップダンスのつもりだったらしい。
気づかなくてごめんね…。

誰が何喋ってたかすっかり忘れましたが、
このメンバーでやりたい、と最初に言ったのはЯyoで、
ラルクをやりたいというのでラルク歌うことになったそう。

YUKKE「kenさんひどいんですよ!初めてスタジオに来た時に
"何これ各バンドのお笑い担当じゃん!"って」
Shinji「ボクはお笑い担当じゃないですよ、イケメン担当です!」
ken「じゃあ、Shinjiがお笑い担当だと思う人!」
みんな挙手。
YUKKE「お笑い出来るイケメンってShinjiさん最強じゃないですか!」

ken「YUKKEは本当いいベース弾くようになったよね!お父さん嬉しい!」
YUKKE「このタイミングでですか!大勢の前でやめてくださいよ」
ken「嘘なんだけどね」
YUKKE「嘘なんですか!」


SATOちは「高安悟史、チャームポイントはバカです!」とか自己紹介してた。

このセッションの衣装のテーマは「キラキラ」だったんですが
Яyo君は大きな蝶ネクタイでマジシャンみたいと言われてました。
kenちゃんは前述の通りロングジャケットにスワロが張り付けられてたんですが、
髪の毛がサイドアップで珍しいな〜と思ってたら
どうやらラルク歌うからっていうんでヘアメイクさんがhyde風に仕立てたそうで(笑)
かわいらしいですね。

kenちゃんは出番待ってる時いつもは緊張するけど
今日は友達とカラオケ行く前みたいな感じで楽しかった
というようなことも言ってた。

winter fallではプロンプターの歌詞見ながら歌ってるSATOちが
「汚れない君」の部分を「よごれない君」と読んだのでああこの人は間違いなくSATOちだ、と(笑)
読み仮名振ってあげないといけませんね。

最後の最後、「そびえ立つ空〜」のアカペラ部分をShinjiがピンスポで歌って
おいしいところを持っていってました。

15:20
◆◆SESSION C◆◆
Vo.逹瑯(ムック)
G. 杉本善徳
G. JUN(spiv states)
B. 明希(シド)
Dr.裕哉(ゾロ)

1.LOVE YOU ONLY (TOKIO)
2.I Wish(L'Arc〜en〜Ciel)

LOVE YOU ONLYはラルクファンとしては完璧にノれますよ。
まぁCD持ってたしね…懐かしいねぇ。
でももしかしたらもう高校生とか知らないんじゃないか?
94年でしょ?ヒャー…

逹瑯曰く持ち時間歌って終わるだけも寂しいのでトークで贅沢に時間を使いたい、とのこと。
「20分持ち時間があるんだけど、あと何分ある?8分?」と時間を確認しながら
今日のメンバー紹介などをしてました。
ギター陣は普段ボーカルやってる人たちで豪華、とか。
杉本さんのトークに期待して色々しゃべらそうとする逹瑯に対し、
割とまじめに時間を気にする杉本。

杉本さんは「僕のことJACK IN THE BOXでしか知らない人もいるんで
"まだ音楽続けてるんですね!"って言われることがある」と言ってた。

JUNくんは「武道館にたてて嬉しいです〜」って言ってた。
裕哉くんは話振られて言葉少な目に「頑張ります(照)」って感じで可愛かった。
喋るとあんな感じなんですね。

逹瑯「あと(曲行くまで)3分もある」
杉本「歌も含めて3分でしょ」
逹瑯「うそっ!こんな感じで始める曲じゃないんけど!
本当は一昨日歌いたかったんですけど、I Wish」

なんだろう、最近ご本人様より他人の歌うラルクをよく聴くようになってきたなぁ…切ない。

15:45
◆◆SESSION D◆◆

Vo.ken(L'Arc〜en〜Ciel)
G. ミヤ(ムック)
B. 明希(シド)
Dr.三浦智也(PULLING TEETH)
Key. 秦野猛行

1.Bad Romance (Lady Gaga)
2.Enter Telephone Djs From Mars Club Remix
(Lady Gaga ft Beyonce vs Metallica)

またkenちゃん。確かにガガやるならkenちゃんかなぁ。
このセッションの発案者はどう考えてもミヤ君でしょうなぁ。
kenちゃんはメガホンを使いながら歌ってました。
明希がクネクネしながらスイートボイスでビヨンセパートを歌ってた。


16:00
◆◆ゾロ◆◆

Vo.龍寺
G. タイゾ
B. たつひ
Dr.裕哉

1.猿愛
2.DYNAMITE FLAVOR
3.KITSUNE

龍寺迷走してるなー、とか。
今日は褒められるところがなかったとか、
終わった後一緒に見てた人と話していたんですが、
その直後に活動休止が発表されて妙に納得してしまった。

でも続けたいのは龍寺とたつひなんだね。
初めてJACKに出た時に演奏したKITSUNEをやったのもそういうわけかー、と。
4人ともまだ若いのでこれから頑張ってほしいですね。

今日はたぴちゃんがいつもよりフワフワのスカートでいつも以上にパンモロしててウワーッ!
でも女の子でも男の子でもなくああいう生き物なんだなと慣れてきている自分が怖いわ…


16:50
◆◆creature creature◆◆

Vo.Morrie
G. Hiro
G. Shinobu
B. Hitoki
Dr.Sakura

1.Dream Caller
2.Red

始まるまでに凄く時間がかかっていて…押しまくってた。
スタッフがShinobu君のギターに付きっきりの様子で、
そっちの調子が悪いのかなと思ってたんですけど
どうやらhiroの方もうまく行ってなかったみたいで
ようやく始まったもののギターの音が全く出ず、
演奏にならない状態でした。
2曲目もいけるかわからない感じでSakuraや人時がアドリブで繋いだりしてたんですけど
時間がこれ以上取れないということで2曲で終了。
残念でしたね。


ここでアフター5チケットが発売。
アフター5な用に再びテーマソングが流れました。
この映像、ちょいちょいjealkbが見切れているのが気になりますね。


17:15
◆◆ギルガメッシュ◆◆

Vo.左迅
G. 弐
B. 愁
Dr.Яyo

1.destiny
2.Break Down
3.CRAZY-FLAG
4.driving time
5.evolution

今日3度目の登場の愁君ですが全部着替えてきて凄いな〜。
おしゃれさんですね。
ギルガメはやっぱり運動量が違いますね、なかなか真似できるものではない。


17:50
◆◆SESSION E◆◆

Vo.マオ(シド)

1.また君に恋してる (坂本冬美)

演歌番組みたいなナレーション付きで
上手花道の先の奈落から登場。
ドライアイスもモックモク。
音はカラオケで画面にちゃんとJOYSOUNDの歌詞付き。

カメラワークが凝ってて、プロのお仕事をしかと見ました。
引きの画からマオのアップフェードインとか。
そういうのを見るのが楽しかった。


18:00
◆◆ムック◆◆
Vo.逹瑯
G. ミヤ
B. YUKKE
Dr.SATOち

1.フォーリングダウン
2.ファズ
3.蘭鋳
4.アイアムコンピュータ

アイアムコンピュータでフルカラーレーザー使っててきれいでした。
さっき光GENJIだったことを感じさせないSATOちすばらしいですね。
一番自分が運動したのがムックですね(笑)
ここ最近毎回こんな感じだな。


18:40
◆◆SESSION F◆◆
Vo.hyde(L'Arc〜en〜Ciel)
G. JIMMY(44MAGNUM)
B. TAKASHI(BUG)
Dr.ゆうや(シド)

1.Electric Eye (Judas Priest)
2.Freewheel Burning (Judas Priest)

hydeが凄い格好でした。軍帽に革ジャケに眼帯、ヒップパッドは真っ赤なプリーツで。
もちろんロブ・ハルフォード意識なんですが。というかコスプレですね。
非常になんというか、ゲ○っぽい。

歌がそれ以上に凄かった。あのキーのままずっと歌えるとはねぇ。凄いよhyde。
久しぶりに唸らせられました。

猫足の椅子に片足かけてウィスキー?(REDだったかなぁ)飲みながら歌ってた。


19:00
◆◆44MAGNUM◆◆
Vo.PAUL + STEVIE
G. JIMMY
B. RAY
Dr.JOE

1.Take Me To Your Heart
2.I'M LONELY MAN
3.SURRENDER
4.I JUST CAN'T TAKE ANYMORE

Paulさんが金髪のヅラを被ってた。
44では金髪ってイメージなのかな。
さきほどのセッションでは見事にhydeさんしか見てなくて気づかなかったけど、
JIMMYさんコート脱いだら大変なことに!
ホットパンツに網タイツ+サイハイブーツって!
なんという色気。御俊50。すばらしい。まさに悩殺でした。

M-4のI JUST CAN'T〜が久々に聞けたのが嬉しかったです。わーい。

Paulさんが「44MAGNUMが出てきたからって最後じゃないから、もっと出てくるから−」
みたいな事を言ってたのでまだ続くのかと思ったらトリだった。
TV番組の「この後もまだまだ続きます!」っていうのを見た気分(笑)


19:30
◆◆MAVERICK DC SUPER ALLSTARS◆◆
Vo.PUAL, MORRIE, kyo, hyde, 逹瑯, マオ, 左迅, 龍寺
G. JIMMY
B. JACK
Dr.JOE

1.永遠の街-THE "NOISE" CITY-

ボーカリスト達とバンドの呼び込みが終わった後、
ぞろぞろと他の出演者も出てくる訳ですが、
その中にモワッモワのファーを襟につけた
私服のyukihiroさんを見つけてしまったのでパニクってしまった。
ちゃんとセッション見ようと思ってたんですけどずっとyukihiroさん見てしまった。
だって真正面にいらっしゃるんですもの。

yukihiroさんは下手の隅っこでMt.レーニアのノンシュガーを片手に手でリズム取ってました。
途中でサインボールをスタッフから差し出されるといくつか掴み、
下手の花道をずんずんと登って行きました。
花道の先にはhydeさんがいて、ボールを渡してあげていた。
その後アリーナ席に向かって笑顔で豪速球を投げつけたりしてました。かわいい。

私はどなたかの投げたボールに触れたもののトスしてしまって取れませんでした。惜しい。

あとは曲知らないのに歌わされてるMORRIEとか見て「ああいつもすみません」と申し訳ない気持ちに…。

その後はあっさりと終わりまして、ブーイング&アンコールが起きてました。
まぁしかしこんなに早く終わるとは思いませんでしたね。
シドが出てこなかったのは意外でした。
2010.12.27 Monday 13:00 | 天嘉+JACK IN THE BOX | - | - | - | - |