stsc live log

STEREO SCAPEのレポ置場

2007年12月20日 THEATER OF KISS 公開ゲネプロ - さいたまスーパーアリーナ

2007/12/20(木)
L'Arc〜en〜Ciel
TOUR 2007-2008
THEATER OF KISS 公開ゲネプロ
さいたまスーパーアリーナ

主催:LE-CIEL
企画制作:MAVERICK / BACKSTAGE PROJECT
後援:Ki/oon Records
協力:さいたまスーパーアリーナ

開場 18:00 / 開演 19:25 / 終演 22:10

9,000yen

セットリスト
01. SEVENTH HEAVEN
02. and She Said
03. Bye Bye
04. DRINK IT DOWN
05. L'Arc-en-Ciel PARADE 2007-2008
Killing Me〜New Wold〜Driver's High
-MC:hyde-
Driver's High〜浸食-lose control-〜
Promised land〜AS ONE〜STAY AWAY
HEAVEN'S DRIVEイントロ〜接吻を交わそう

-CM(ポールダンス編)-

06. ALONE EN LA VIDA
07. 砂時計
08. 海辺
09. MY HEART DRAWS A DREAM
10. REVELATION
11. Pretty girl
12. spiral
13. Link〜-MC:ken-〜Link

カミナリ+ウサギ
P'UNK〜EN〜CIEL
14. 夏の憂鬱[SEA IN BLOOD 2007]
15. I Wish 2007

16. DAYBREAK'S BELL
17. THE BLACK ROSE
18. READY STEADY GO
19. Shout at the Devil
-幕-
20. 雪の足跡
-MC:hyde-
21. Hurry Xmas


◆◆◆

座席メモ:200LV216扉
下手の端っこ。すぐ後ろが車椅子席でした。
平日&LE-CIELのみでのチケット発売ということでお客さんの入りは8割程度。もっと少なかったかも?

MCメモするのを忘れていて記憶がすっとんでしまったので
今回はライブの構成を中心にレポートしています。
ゲネプロと本番では細かい演出の違いがあるので出来るだけ比較しながら書いています。


衣装
hyde:

1)
・ツアーロゴつきシルクハット
・編みこみポンパ風オールバック
・黒ダメージ燕尾のジャケット(前身頃の丈がアシンメトリー)
・さらに燕尾のヒップパット(腰に巻いてある)
・サスペンダーが縫い付いてるフリルシャツ
・ステッキ型手持ちマイク
2)HYDE P'UNK
・ダメージ加工したP'UNK Tシャツ
・眼帯
3)
・シースルーのビラビラシャツ
・白いタンクトップ

ken:
1)
・黒のノースリーブライダース
・白シャツ
・燕尾の腰巻
3)KEN P'UNK
・P'UNK Tシャツ(5分丈)
4)
・黒のノースリーブライダース
・星条旗柄ラメ5分丈Tシャツ

tetsu:
1)
・赤い縁の黒いロングジャケット
・孔雀の羽が付いた髪型
・白シャツ
・英字新聞柄の巻きスカート
・赤いパンツ
2)TETSU P'UNK
・P'UNKのロングTシャツ
※ロンTは非売品
3)
Tシャツにピンクのロングベスト。

yukihiro:
・胸元にドクロが書かれた黒のパーカー(Roen?)
YUKI P'UNKはP'UNKのロンTを腰に巻いて登場。

◆◆◆

ステージには赤い緞帳が降りている。劇場風。
セットはツアーロゴがドンと正面に掲げられていて、
チャーリーとチョコレート工場を思わせるようなキャンディーケーン柄の茨や矢印のたくさん付いた木など。


■オープニング

ステージ左右のビジョンに額の後にいるウサギの顔が映る。
最初は同時に喋っています。

◆…赤い服のウサギ ◇…青い服のウサギ

◆◇「「なんだようるせえなぁ。何見てんだよ〜」」
◆◇「「あ〜あ、ウサギだと思ったらネズミだもんな、来年」」
◆◇「「寒い、寒くて冬眠しそうだー いい加減毛皮欲しいなあ!ワーハッハッハ」」
◆◇「「真似すんなよ〜月で餅ばっかりついてると寒いからな。アーハッハッハハハハ」」
◆「マネすんなよ〜」
◇「お前こそマネすんなよ!お前すっげー耳がたってるぞ!」

身を乗り出す2羽のウサギ。
上手が赤い服で声がジャイアン(たてかべ和也さん)、下手が青い服で声がスネ夫(肝付兼太さん)と判る。

◆「お前もスゲー耳がたってるぞ!昼間っから。ヒヒヒ」
◇「夜なのにウフフ」
◆◇「「ウサギのくせに生意気だぞ!」」
◆◇「「アーハッハッハッハッハ!」」
◇「ところでここはどこだ?」
◆「ここ?」
◇「ここ!」
◆「昼?」
◇「夜!今日は、いつだ?」」
◆「明後日の一昨日の昨日の明日だから…」
◆◇「「さいたまだーー!!」」
◆「どうしよう!」
◇「急げ!俺が一番早く行く!」
◆「いーや俺が一番だ!」
◇「急いで冷静に早くしろ!」
◆「急いで冷静に早くしろ!」
◇「急いで冷静に俺が一番だー!」
言い合いながら舞台上に転がって登場。

赤はシルクハットを被っている。2羽とも懐中時計をぶら下げている

舞台中央、幕が少しだけ開いていて、その下に穴が開いている(奈落)。
穴の中をイメージした丸い電飾が見える。

穴に近づく二羽。
◇「穴だ!」
◆「穴好きにはたまらないな」
◇「お前先に行けよ!」
◆「お前が先に行けよ!」
言い合いしてるうちに◆がバランスを崩して穴に落ちる。
(公演により◇が突き落としたりパターンがある)

◆「うわぁ〜〜〜〜!!」
◇「そっちはどうだ〜?」
◆「最高だ〜〜〜!!」
◇「待って俺も今行く!」
(客席を向いて)
◇「じゃあ、先行ってるぜ!」

SEVENTH HEAVENイントロ、幕が上がる

01.SEVENTH HEAVEN

穴の中と同じカラフルな円がグルグルしてる映像

曲が終わり、hydeの”Welcome to THEATER OF KISS!”
という一言で天井からエアバースト特効、同時にand She Saidへ。

02.and She Said

ゲネプロの時はいなかったと思う(見えなかっただけかも)けど、
ここでは二重舞台の上でウサギがそれぞれオルガンピアノと小太鼓を叩くフリをしている。

03.Bye Bye

メリーゴーランドの映像
(本チャンでは森の中の映像)

04.L'Arc-en-Ciel PARADE
*Killing Me*New World*Driver's High

始めの何曲かはメリーゴーランドの映像
Driver's High中断でMC

-MC-
hyde「(スタッフに)問題ない?
…今のところ順調です。
人がいっぱい居るね。LE-CIELさんですか?
いつもは(ゲネプロに)お客さん入れないんですけどこういうあられもない姿を見てもらおうかと…。
普段はやりながら直して、映像撮って見返して直したりするんです。
この後スタッフは色々言われて可哀想な事になるんですけど
でも、こんな(厳しい現場)でもついて来てくれてありがたいね。
(tetsuに)いいよやってきて。…色々あるんですよ段取りが。

(客席に)サンタ多くない?多くない?いいね。
クリスマスも近いしね。

新曲もやりましたけど、DRINK IT DOWNって曲。
これはユッキーが夏休みに寝ないで作ってくれました。
僕はその間泳ぎまくってましたけど。

(モニタースピーカーに座る/客:かわい〜)かわいいでしょ?
今日はteっちゃんはインディアンみたいだね。
kenちゃんは…よくわかんないけど…王子様みたいですね。
ユッキーは『いつ(衣装に)着替えるんだろ〜?』と思ってたら
いつまで経っても着替えなくて、『え、このまま出るの?』って。
心は本番なんでそういうところも含めて楽しんでってくれよ!」

「もう数えるくらいで」からDreiver's High再開
*Driver's High*浸食-lose cntrol-*Promised land*AS ONE
*STAY AWAY*(HEAVEN'S DRIVEイントロドラム〜)接吻(ワンフレーズ)*
浸食でtetsuとkenは二重舞台へ移動。操り人形の糸を操る女性の映像が映り、
tetsuとkenが操られているように見える仕掛け。

その後のAS ONEはウサギが操っている映像になる。

このPARADEは…賛否両論だと思いますけど…
特にこの日は探り探りだったのでお互い結構距離がありましたね。
ゲネプロなんで曲が途中で終わったりするのが正解なのかどうかわからないんですよ。
最初は結構ビックリしましたが、回数行ってるうちに馴染みました。
後にhydeさんはこのメドレーを「アリスの場面がコロコロ変わる感じを表現した」と言っていたのでハ〜っと感心しました。

-CM-(ポールダンス編)
森の中でマッドハッター(着ぐるみ)とウサギがテーブルに座っている。
マッドハッターは皿を手に取るとおもむろにバリバリと音を立てて食べ始める。
次に燭台に立てられた蝋燭を抜き、人参を食べるかのようにかじりだす。
呆気にとられた?(着ぐるみなので表情が読み取れない)様子のウサギだったが、
同じように蝋燭を食べ、皿を噛み砕いた。

すると、ポールの上から何人かのバニーガールがするすると降りてきて、
ポールダンスを始めた。目が釘付けになるマッドハッターとウサギ。
そしてもう1人バニーガールが降りてきたかと思ったらそれはハグハグシエルちゃん。
クルッと首を回してこちらを見たところで商品名と値段が出る。
※実際の商品は、首が曲げられません。 という注意書きが表示されて終わり。

06.ALONE EN LA VIDA

07.砂時計


hydeの後ろ(ドラムとの間)に長細いスクリーンが降りてくる(この関係で幕も少し下げられる)
砂時計では三角形?の発光体が粒子を出しながら浮遊している映像が映る。
ゲネプロでは曲の始めから終わりまでずっと流れていた。
(本番では所々で現れる、に変更)

08.海辺

今度は同じスクリーンに金髪の人魚が笑顔で手を振りながら泳ぎ回る映像。
これもゲネプロではずっと泳いでいたが、
本番ではサビの前に上に昇って消えていく仕様に変更されたようだ。

ゲネプロではこの2曲の間も左右のヴィジョンにメンバーの姿を映していたが、
演出の為か本番ではヴィジョンは使用されない。
※ヴィジョンしか見えないような席だと何も見えない

09.MY HEART DRAWS A DREAM

今にも車が走り出しそうな大自然の映像。
正直どうかと思ったが、本番では雲が流れる青空の映像に。
ここではヴィジョンの左右とそこから少し離れたところに吊るされた
LEDの電飾が青く輝いてステージに色を添える。
このLEDはこれ以後後半の曲で虹色に輝いて活躍する。

このツアーで「夢を描くよ」の部分、合唱しやすいようなアレンジに変えてくるかな?って思ってたんですけど変更はありませんでした。
L'7で変えてきましたね。

10.REVELATION

洋館、あるいは西洋のアパートのような建物から顔が覗いている映像。
イントロに合わせて屋敷の壁が崩れて顔が現れる。
同時にステージ袖から左右交互に爆発、巨大バルーンでできた手と逆さまになった足が生えてくる。
これは屋敷を突き破って手足が出ている様子を表している。
(不思議の国のアリスでアリスが巨大化するシーンがモチーフ)

曲中はメンバーの顔のイラストが切り替わって映し出される。

11.Pretty girl

ゲネプロでははっきり覚えていないけど、
本番では二羽のウザギが踊ったり餅ついてる映像。

12.spiral

螺旋がグルグルしている映像。螺旋階段のようにも見える。

13.Link

中断してkenのMC

-MC-
ken
「風邪引いてる人?俺なんだけど。
風邪薬何がいい?ルル?効かん!
パブロンは風邪薬じゃない。バファリン飲めばいいのか?
風邪薬って症状を和らげるだけだ俺は風邪を治したい」

というような事を言ってた。

Linkで本編終了。

雷がなってウサギが登場。
◇「こわいよ〜あいつらがくるよ〜!」
◆「あいつらって、だれだ?」
◇「あいつらったらあいつらだよ!」
雷落ちる
◆◇「ひゃ〜!」
っと言いながら逃げていく。

P'UNK登場SEがかかってスタッフが床をめくると
奈落からKEN P'UNKのドラムセットが出てくる。
蓋になっていた床の裏には電飾が付いていてピカピカ光っている。

P'UNK〜EN〜CIEL
14. 夏の憂鬱 [SEA IN BLOOD 2007]
15. I Wish 2007

-MC-
tetsu
「(夏の憂鬱が終わって)kenちゃん凄いなぁ〜」

P'UNK退場後、雷と城、そして悪魔のような顔がアップで映る。

16.DAYBREAK'S BELL

この日はアンコール前までyukihiroのドラムセットのチャイナが
ひとつだったのだが、アンコール後に二つになっていた。
色々試していたのだろうか。
前後で変化が判り易かったのがチャイナだけだったので他にも変更点はあったかも。

DAYBREAK'S〜は演出が地味だった。映像なし。
この後の公演を見る限り、
この曲とTHE BLACK ROSEはあんまり演出が定まってないようだ。

17.THE BLACK ROSE

ファイヤーダンスの映像。謎。

-MC-
hyde
「僕らにとっては初日みたいなもんなんだけど、ここ違うかなと思いながらヤッてたので新鮮でした。
残り少ないので全てをさらけ出して愛を確かめ合おうじゃないですか」

18.READY STEADY GO

この前にMCあるのが凄く違和感あるんですよね。ゲネプロならではですかね。

ここではウサギが空気銃を持って登場。
1羽に1人ずつアリスの格好をしたスタッフ(男性)がついていて、
籠からカラーボール(ツアーロゴ入り)を取り出して空気銃に充填、
ウサギは視界が狭いのでアリスに補助されながら客席に向かってボールを打つ。

19.Shout at the Devil

炎の特効。
曲が終わると幕が下りる。

幕の中央に映画のスクリーンのように四角い照明が当たり、
アルバム”KISS”のブックレットと同じ男女のシルエットがフレームイン。
だんだんと影が近づきキスするように重なる。

20.雪の足跡

幕が下りたままhydeが歌いだす(ヴィジョンにはhydeの顔が映される)
「君と共に〜」の後幕が上がると、ステージ全体に綿がかけられ雪景色になっている。
特効は雲海スモークと雪。ミラーボールも。

-MC-
hyde
「みんな歌詞知ってるんだよね。前のツアーはいい加減に歌ってたけど今回はバレる。

(メンバーに)なんかある?(ユッキーコールが起きる)…あんまり言ったら怒られるよ先輩なんだから。
(男性客が何か叫ぶ(「ギターうるさい!」かな?))
…今ちょっとムカついた。ギター、弾かせてあげてください。
ほらー、変な空気になったじゃん!」

hydeのMC中にkenちゃんがギターちろちろ弾いていたんですけど、
この「ギターうるさい!」って言うのはKAT-TUNの番組でkenちゃんがギターがうるさいって言われたっていうエピソードを話したところから来てると思います。
ふざけて言ったんだろうけど…まあ忘れましょう。

21.Hurry Xmas

映像は大きなツリーとそれを囲むように楽器を演奏するウサギたち。
幕の上に掲げられたTHEATER OF KISSのロゴと、
ステージ両サイドにある茨のオブジェがクリスマスイルミネーションのように光る。
ミラーボールには色んな色が反射して一気に華やかな印象に。
着ぐるみのウサギ再び登場。カラーボールを発射。
その後は自由に動いていた(=特別指示されてなかった模様)
着ぐるみのマッドハッターも登場するが、彼は特別何もしない。
最後にウサギが寝転ぶのとマッドハッターが片膝立ちするのは決まっていたみたい。

メンバー退場、tetsuのバナナ投げが終わり幕。

段取り色々あるんでしょうけど、22時過ぎたのは流石にビックリしました。
2007.12.20 Thursday 00:00 | 2007-2008 THEATER OF KISS | - | - | - | - |