stsc live log

STEREO SCAPEのレポ置場

2011年12月27日 JACK IN THE BOX 2011 - 日本武道館

2011/12/27(火)
MAVERICK DC GROUP PRESENTS
JACK IN THE BOX 2011
Powered by NEXUS AID
日本武道館
44MAGNUM / ムック / シド / ギルガメッシュ / TETSUYA / BUG / BeepSpree
MDC HISTORY SESSION / MDC SUPER ALL STARS


13:00open / 14:00start
8,500yen(MDC会員は500円引き)

主催:SOGO TOKYO
企画:MAVERICK DC GROUP
制作:com agent/little oasis
協力:NEXUS AID

◆◆◆

ここ数年客席は北まで開放していましたが今年は見切れ席を入れても北東・北西まで。
そこにお客さんは殆ど入ってませんでした。
そういえば今年はhydeさんが出るっていう告知がなかったですね。

座席メモ:南2階。見やすい。暑い。

14:00
◆◆ムック◆◆
Vo.逹瑯
G. ミヤ
B. YUKKE
Dr.SATOち

01. 路地裏 僕と君へ
02. 蘭鋳
03. アゲハ
04. フォーリングダウン
05. ファズ
06. 最終列車
07. ホリゾント
08. アルカディア
09. 名も無き夢
10. ニルヴァーナ

新旧織りまぜた理想的なセットリストでした。
基本的にワンマンに行かないので懐かしい曲がいっぱい聴けて嬉しかったです。
ホリゾントは何故かうるっときましたね。キー下げてたような気がしたけど。
曲が出た当時の事を思い出してたんですけど天嘉-伍-では演奏してなかった。
ライブで聴いたことなかったっけかなぁ?

そういえば最近ムックロゴのバックドロップ使わないですね。
フルカラーレーザーの演出も綺麗だったんですけど
ピンスポの周りにうっすら見えてた虹色の照明が可愛くて気になった。

MCは持ち時間いっぱいある、ギルガメッシュもっと頑張れ
こんな事言ってると俺らより持ち時間少ない大御所に怒られそうだからとっととやろう、みたいな事を言ってた。


15:00
◆◆ギルガメッシュ◆◆
Vo.左迅
G. 弐
B. 愁
Dr.Яyo

01. 新曲
02. 新曲
03. 新曲
04. 新曲

最初に女性の声で影アナが流れる。
公演の注意事項と、ギルガメッシュのセットリストを発表しますという流れで
全て新曲をやると宣言。

12/25にニコニコ生放送で「13とクリスマス、たまにサディスティック。」という番組を
でんじゃーくるーチャンネルhttp://ch.nicovideo.jp/channel/dangercrueが配信していたんですが
これはギルガメッシュが変名バンドでシークレット出演したイベントの映像配信でした。
そこで新曲を披露していたんですが多分その時と同じ曲をやったんだと思います。

2曲目あたりで愁さんがコケてた。愁さんは演出だったというけれど(笑)、
床の機材を触ってしまったらしくスタッフが直しにきてた。
3曲目?の歌詞に「さっちゃん・しゅうちゃん・りょうちゃん〜」とメンバー名が出てくるのにびっくりしたのと
4曲目?のJITB 2011 SUMMERでできた「たたたたつろう!」というコールが入る曲が本当に披露されるとは。


15:30
◆◆BUG◆◆
Vo.kyo
G.ASAKI
B.TAKASHI
Dr.Takeshi

01. NEW WORLD
02. Gothic Romance
03. bugnoid
04. PROMISE

BUGは2008振りの出演ですか。
お久しぶりだったのでNEW WORLDやってくれて良かったです。
2曲目はBUGっぽくないというかD'ERLANGER?DIC?ぽいなーと思って聞いてました。
暫く見ない間にASAKIちゃんが(少し)落ち着いたなーと思いました(笑)


16:00
◆◆BeepSpree◆◆
Vo.ヒロ
G.シュンジ
G.テルヤ
B.コータ
Dr.ユウキ

01. Placebo
02. 希-nozomi-
03. farewell

『MAVERICK DC GROUP 天嘉降臨 2009 新人公募』で選ばれた4人で結成されたBeepSpree。
今時オーディションで選ばれたバンドって珍しいですよね。
それぞれの個性が文字通りぶつかってた感じでした。
こんなに広い舞台もそう経験がないでしょうしいつもと勝手が違ったのかもしれませんが。
JACK DANGERがTwitterでドラムをべた褒めしてた記憶がうっすらとあるんですけど
音のバランスが微妙だったなぁ。
かみてギターの人も上手いけど一人で突っ走ってる感じは否めない。


16:30〜
◆◆MDC HISTORY SESSION A◆◆
“DIE IN CRIES 1991-1995”
Vo.左迅 (ギルガメッシュ)
G.弐 (ギルガメッシュ)
B.TAKASHI (BUG)
Dr.Яyo (ギルガメッシュ)

01. WEEPING SONG / DIE IN CRIES

演奏中当時のDIE IN CRIESの映像が挟まれてました。
そういえば左迅の声ってダイイン向きかもしれないなぁ。


◆◆MDC HISTORY SESSION B◆◆

“REACTION 1983-1989”

Vo.kyo (BUG)
G.弐 (ギルガメッシュ)
B.YUKI (REACTION)
Dr.Яyo (ギルガメッシュ)

01. JOY RIDE / REACTION

セッションAと面子もあまり変わらないので機材の転換はほぼなし。

YUKIさんのmixiによれば3年前、JACK IN THE BOX 2008で
5期REACTIONのお披露目をする予定だったのが
ギターのYASUさんの急逝によって出演キャンセルとなった過去があり、
今回はYASUさんの追悼ライヴで着ていた衣装とその日を境に封印したモッキンバードを使用した、とのこと。
YUKIさんは着物羽織られてて格好良かったです。

kyoちゃんはTシャツに黒のボンデージパンツ。最後の方はTシャツ脱いでた。

このJOY RIDEという曲は私も聴いたことがあってたまたま音源も持ってました。
スピード感のある曲ですよね。聴いてると前のめり気味になる。


◆◆MDC HISTORY SESSION C◆◆
“D'ERLANGER 1983-1990 2007-”

Vo.逹瑯 (MUCC)
G.ミヤ (MUCC)
B.TAKASHI (BUG)
Dr.yukihiro (L'Arc〜en〜Ciel)

01. LA VIE EN ROSE / D'ERLANGER
02. LULLABY / D'ERLANGER

yukihiroさんがD'ERLANGERを叩いている。

D'ERLANGERが解散した頃yukihiroさんはZI:KILLを辞め、
代わりにD'ERLANGERのTETSUさんがZI:KILLに入った。
で、今yukihiroさんがD'ERLANGERを叩いている。
「俺がお前でお前が俺で」みたいな混乱状態(笑)

ミヤくんによればyukihiroさんから「ミヤくんと逹瑯くんが一緒にやってくれるならセッション出てもいいよ」
という話があって今回実現したとか。
キンちゃんは「yukihiroくんが誘ってくれて」と言ってましたしyukihiroさんが集めたメンバーなんですね。

私はとにかくyukihiroさんのドラムが見たかったのでパンダ目になるくらい双眼鏡を手放しませんでした。
タム回しを入れたり、ちゃんと自分のドラムを叩いてるな〜という印象でした。
ラヴィアンの最後で皆ドラム前に集まってたんですが
その時のyukihiroさんの満面の笑みが!可愛すぎて!

ララバイは逹瑯が「シャイなハートを掴まえて♪」をマイク客に向けて振ってきたので
応えたら見事に周りで言ってるの私だけでしたね。
でもTwitter上でそういう方何人か見かけましたので安心致しました!

yukihiroさんの衣装は15thラニバで着てたような襟ぐりの開いたニットだったかな。
多分同じものだと思う。


17:15
◆◆44 MAGNUM◆◆
Vo.PAUL
Vo.STEVIE
G.JIMMY
B.TOKI
Dr.JOE

01. SOULS
02. I JUST CAN’T TAKE ANYMORE
03. STREET ROCK’N ROLLER
04. IN THE END
05. Satsifaction

今回はベースに-dist- http://dist.syncl.jp/ のTOKIさんを迎えて出演。
STEVIEが紹介してたけどかなり若そうな青年(20代前半くらい?)で
武道館に立てる事に感動して当日起きて3秒で号泣したそう。
紹介されてる時も泣きそうな表情をしていた。
ブログ見たら武道館に対する熱い思いが書かれていた。
機材トラブルで明希ちゃんのベースを貸してもらったそう。

そして今回は大事な発表があり。
PAULさんが治療に専念するため大きな舞台からは身を引く決断をされました。
けれど小さな箱では歌うかもしれない、とおっしゃってたので
本当に歌う事が生き甲斐なんだなぁと思いました。

しかし代わりにSTEVIEがいるっていうのは本当に強みだよね、凄いなぁ。


◆18:00〜
ここで20分間休憩のアナウンス。
各バンドの昔の映像などが流れていました。
ラルクはGRAND CROSS TOURの映像でした。
隣のシドファンの方が「これ会場どこ?」「知らない」と話しててワーもうそんな昔の話なのか、と…。


18:20
◆◆TETSUYA◆◆
Vo.TETSUYA
G.室姫 深
G.中村 佳嗣
B.IKUO
Key.Toshiyuki Kishi
Dr.山崎 慶

01. EDEN
02. TIGHTROPE
03. 魔法の言葉
04. lonely girl
05. Roulette
06. Are you ready to ride?

パンクっぽいSEで登場。曲わからない。
TETSUYAさんはぴょんぴょんクルクルしながら登場。かわいい。
迷彩のジャケット。グレーのベスト。赤いサルエルパンツを赤いブーツにIN。
シアキスのうさぎさんみたいだった。シルエットが。

歌は…やはりちょっとブランクがあって、ツアー中とは違ってキツそうだったな。
セットリスト的には最初の2曲がクールな選曲だったので
初見のお客さんは少し戸惑っていたような。

TIIGHTROPEの後MC。
「こんばんは!少女時代です!…違うか(笑)」
「俺の悩み聞いてくれる?マイクが臭いねん!おしぼりで拭いたみたいな臭いする。感情込めたいのに臭いが気になって込められへん。オイニーがツイキーで」
タオルを手渡されて一生懸命拭いてましたが「あかん…」とスタッフに替えのマイクを要求。
「あー神経質だと思われる!違うんですよ。」
「皆クリスマス何してたん?そんなん聞くなって?」
取り替えている間、マイクなしで何か喋る振りをしたり。
そしてスタッフさんが新しいマイクを差し出す。
「ばっちりです!ありがとうございます」

RouletteではブレイクでTJBは一時停止の姿勢。
TETSUYAさんはジャンプしてそのまま床に倒れこむ。うつ伏せで寝転がると言ったほうがいいかな。
そのまましばらく動かなかったんですけど倒れた位置が転がし(お立ち台)の後ろだったので
カメラがお尻からしか撮れなくてずっと画面にTETSUYAさんの足が映っている状態でした。
結構長い間フリーズしてました。

Are you ready to ride?は相変わらず楽しい。
銀テープ出たのはこの曲だったかな。
BANANAMAN BROS.も登場したんですがまた振付が変わってた。
JITBなんてお二方めちゃくちゃ裏で忙しいだろうに大変ですね。

演奏後、「まったねー!よいお年を!」といってTETSUYAさん退場。
室姫さんは花道まで行ってピック投げたり挨拶してくれていたんですけどおかげで一人捌けそびれてました。

19:10
◆◆シド◆◆
Vo.マオ
G.Shinji
B.明希
Dr.ゆうや

01. 証言
02. Dear Tokyo
03. ワイフ
04. 日傘
05. いつか
06. 冬のベンチ
07. 歌姫
08. one way
09. Sympathy
10. 眩暈
11. 2月

一応アルバムはひと通り聴いてるんですけど全然馴染みのない曲ばかりで戸惑いました。
去年のJITBに出てないのが大きいかな。夏JITBも演奏してませんしね。
シングル曲が極端に少ないセットリストなんですよね。
ファンサービスなのでしょう。

マオくんがMCで「彼氏居る人〜?」と訊いてきて挙手のあまりの少なさに「何かごめん」と謝ってたのが印象的でした。あはははは…。

20:20
◆◆MDC HISTORY SESSION D◆◆
“L'Arc-en-Ciel 20th Anniversary Session #1”

Vo.逹瑯 (MUCC)
B.明希 (シド)
Dr.SATOち (MUCC)
Dr.ゆうや (シド)
G.シュンジ (BeepSpree)
G.テルヤ (BeepSpree)
B.コータ (BeepSpree)
Dr.ユウキ (BeepSpree)

01.REVELATION

逹瑯が昔get out from the shellやりたがってたんだっけ?
記憶が曖昧ですがこういう曲好きなんですね。
トリプルドラムなんかはこういうイベントならではって感じがしますね。

◆◆MDC HISTORY SESSION E◆◆
“L'Arc-en-Ciel 20th Anniversary Session #2”

Vo.マオ (シド)
???.ken (L'Arc〜en〜Ciel)
G.ミヤ (MUCC)
G.シュンジ (BeepSpree)
G.テルヤ (BeepSpree)
B.コータ (BeepSpree)
Dr.ユウキ (BeepSpree)

01.flower

楽器隊はずっとBeepSpreeが中心なのでほとんどセットチェンジもなくすぐ始まりました。
スクリーンのセッションメンバー発表でkenちゃんのパートは伏せられていたんですが
flowerのイントロが流れるやいなやブルースハープを取り出しマオのマイクで吹きだしました。
ということでkenちゃんのパートはHerp。
そして─flowes bloom in sunlight〜のコーラスもしてました。

勿論曲中暇なのであっちこっち行って客席に手を振っていました。
ミヤくんを花道に誘って一緒になってCO2を客席に噴射してた。
形状がライフル型だったのでL'Anniversary TOURの京セラ公演で使用したものと同じものだと思われる。
スキップしながら動きまわって、3回目のハープの出番で忘れそうになって慌ててた。

◆◆MDC HISTORY SESSION F◆◆
“L'Arc-en-Ciel 20th Anniversary Session #3”

Vo.hyde (L'Arc〜en〜Ciel)
G.Shinji (シド)
B.YUKKE (MUCC)
G.シュンジ (BeepSpree)
G.テルヤ (BeepSpree)
B.コータ (BeepSpree)
Dr.ユウキ (BeepSpree)

01.The Rain Leaves a Scar
02.Inner Core

hydeさんは穴だらけのトップスで髪は素のまま。
よくわからない動きでThe Rain〜を歌う。
なんていうんだろう、ランニングマンみたいなのをしながらグルグル回ってた。
あとから思えばこの日はなんかブレイクダンサーの血が騒いでいたんだろうか…(笑)
跳んだり回ったり走ったりうねうねしたり。

The Rain〜はまさか聴けるとは思わず嬉しかったですね。
heavenlyの中で1,2を争うくらい好きな曲。
一曲終わってMC。
「武道館ー!調子どう?クリスマスとかどうしてた?
(後ろを振り返って)ラルクじゃないじゃん!びっくりしたー。完コピやん。
リハ出なくてすみません…。
今日は古い曲歌いたい気分なんでー歌わせてくれよー!歌っちゃっていいかな!
歌わせろー!歌わせろー!」
でInner Coreへ。
Inner CoreはJITB2007でマオやSakuraが演奏してたので聴いた気になってたんですが
hydeさんが歌うのは久しぶりだったのね。
しゃがんだり両手で頭抱えたりしてて可愛かったです。

◆◆MAVERIC DC SUPER ALLSTARS◆◆

Vo.PAUL (44MAGNUM)
Vo.hyde (L'Arc〜en〜Ciel)
Vo.逹瑯 (MUCC)
Vo.マオ (シド)
Vo.左迅 (ギルガメッシュ)
Vo.ヒロ (BeepSpree)
G.ミヤ (MUCC)
G.Shinji (シド)
G.シュンジ (BeepSpree)
G.テルヤ (BeepSpree)
B.コータ (BeepSpree)
Dr.ユウキ (BeepSpree)

01.READY STEADY GO

引き続き演奏はBeepSpree。
hydeが「Are you ready?(×3) Are you xxx ready?」と煽って曲へ。
曲が始まってゾロゾロと出演者登場。
yukihiroさんは森永カフェラッテを手に舞台下手でぼーっとしてる。
kyoちゃんに促されて上手の花道へ。
そこでも突っ立ってるだけでしたが。
そこへhydeが来て一人ではしゃいでいる。
何故かyukihiroさんの目の前で突然ブレイクダンスの背中で回るやつ(ウィンドミル?)を始める。
しかも出来てない。ひっくり返った亀みたいでした。
それをただ見てるyukihiroさん。凄くシュールな画でした…。
hydeさんはその後何処かへ行ってしまった。

SATOちがyukihiroさんのところへ来てサインボールを渡す。
yukihiroさんはいつもの如く豪速球を客席に叩きつけてました。
この辺は「音楽と人」のSATOち牛乳にも書いてありましたがSATOち気を遣ってるんですね。
kenちゃんのいた下手の花道ではkenちゃんがさあ打て!とばかりに両手を広げCO2を浴びてました。

yukihiroさんは何かとタブルピースしてました。ドアラに影響されまくっていますね。
終わった後は手を挙げて帰っていかれた。
終演は21:20くらいだったかな?

ラルクメンバー皆本当に可愛くて可愛い可愛いばっかり言ってました。
結成20年、事務所イベント10年目でこんなに可愛い可愛いばっかり言ってるなんて思いませんでした。
そこはかとなく申し訳ない気持ちが。
それだけ皆リラックスしてるってことですかね。
来年も何かしらの宴があるといいなーと思います。
2011.12.27 Tuesday 00:00 | 天嘉+JACK IN THE BOX | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://dx.chiroll.net/trackback/1249516

トラックバック